【マラウイニュース】政府に金属スクラップ禁止令の解除を求める

Govt urged to lift scrap metal ban

2022年8月16日 | THE NATION

中部地区金属スクラップ業者協会は、金属スクラップ事業に関するライセンス発行の停止を解除するよう通商産業省に要請している。

土曜日にリロングウェで、中央西地区警察本部での関係者との会議の後、いくつかのスクラップヤードを視察した際、同協会の会長は、スクラップ材輸出のライセンスの一時停止が彼らのビジネスに影響を及ぼしていると伝えている。
「我々は、国内にリサイクル市場がないため、製品をタンザニア、ザンビア、ルワンダ、南アフリカに輸出しています。このままでは、金属スクラップが廃棄され、リサイクルされないため、国内汚染の原因となります。」と話している。

貿易産業省の貿易担当官は、金属スクラップ部門は現在組織化されており、政府はこの嘆願を検討する予定であると述べている。
「業界は組織化されているようなので、我々はその要求を検討する。我々はスクラップ工場を視察したが、重要なインフラからのスクラップはまだ見あたらない。私たちは、盗まれたスクラップを買わない懸命な人たちに出会ってきました。」と彼は話している。

ビウィ・タウンシップの金属スクラップディーラーは、政府が金属スクラップ輸出の一時禁止を解除する時期が来たと話している。

彼女は、スクラップ市場の輸出障壁のために従業員に給料を払うことができないと伝えている。
「スクラップ輸出規制のために免許が停止されたため、スクラップを国外に売ることができず、60人の従業員への支払いに苦労しています」と彼女は話している。

これに先立ち、中央西地区警察は、中央地区金属くず販売業者協会、マラウイ電力供給公社、マラウイ電気通信株式会社、中央東アフリカ鉄道、リロングウェ市議会の関係者と会合を開き、市内のアクセサリーや金属の破壊行為について話し合っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください