【マラウイニュース】政府が抱える肥料補助のジレンマ

Government’s subsidised fertiliser dilemma

2022年8月20日 | THE NATION

マラウイは1990年代に農業投入物補助金制度を導入して以来、農業投入物、特に肥料やメイズの近代品種種子へのアクセスを容易にすることを主な目的としてきた。

このプログラムは、故ビング・ワ・ムタリカ氏が「農業投入物補助金プログラム(Farm Input Subsidy Programme: Fisp)」と呼び、現ラザルス・チャクウェラ大統領が「安価な投入物プログラム(Affordable Inputs Programme: AIP)」と呼んでいる。
このプログラムは、国の農業生産、国の食糧確保に貢献し、インフレ率を計算する消費者物価指数の中で食糧は重要な役割を果たし、マクロ経済の安定に貢献している。

また、農作物の生産量の増加は、国の総経済生産量に大きな影響を与える傾向があるため、農業補助金はマラウイ経済全体に大きな影響を及ぼしている。

農業はマラウイ経済の柱であり、国内総生産(GDP)の約3分の1を占め、輸出収入の8割を稼ぎ出し、労働力の6割以上を雇用している。

さらに、農作物の約90%は零細農家で栽培されており、収穫量を上げるために肥料に頼っているため、政府が零細農家をターゲットにしているのもうなずける。

しかし、農業投入財の補助金は、受益者の多さと、マラウイが大量に出荷している国際市場での肥料価格の上昇により、国家予算に大きな負担を与えている。

昨年だけでも、少なくとも370万世帯の農家がこのプログラムの恩恵を受け、Fispが対象としていた150万人から増加している。
農民の増加に伴い、補助金の予算も4倍に増えている。

昨年初めから、肥料の価格は2倍以上になっている。
さらに重要なことは、歴史的に政府が世界の肥料価格の変動に補助金率を連動させてこなかったため、価格高騰のたびに財務省が大混乱に陥ったことだった。

このため、現在の肥料価格の動きは国家予算を混乱させ、議会は厳しい選択を迫られている。
次の農業シーズンに政府は肥料補助率を上げるべきか、それとも昨年のように受益者数を270万人に削減し、チャクウェラ大統領が100万人の農民をAIPリストに戻すべきか?

この予算では、同じ数の受益者を同じ償還価格である1袋K7,500で維持するための資金がないことは確かである。

補助金の総予算はK1090億で、そのうちK970億は肥料、残りのK120億は種子である。

現在の価格に基づくと、AIPの市場価値はおよそK4,200億になる。
政府が補助金予算を厳守した場合、農民が負担するのはK3,430億で、これは支払い可能な金額から大きく外れており、現在の国家予算の容量からも明らかに外れている。

このような事態に陥っている。

私の考えでは、政府は、受益者の数を減らすことと、償還率を上げることの両方を行わなければならないが、どちらも必要悪である。

補助肥料の値上げが貧しい農家に与える影響を調べた研究があるが、それによると、補助肥料の値上げによって肥料の使用量が減るのは、貧困レベルが高いことが大きな原因である。

つまり、ほとんどの貧しい農家は、補助金対象から外れたか、償還価格が上がったために、主食であるメイズを栽培しなくなるという現実的な危険があるのだ。

一方、AIPの輸送・物流部門も、燃料価格の上昇とマラウイ・クワチャの切り下げにより、コスト上昇に直面する可能性がある。
これもまた、財務省にとっては、追加的なコストへの対応に迫られることになる。

私は、政府が予算で割り当てられたものを補うための資源を探しに行き、財務省と補助金が保護することを目的とする農民の両方にとって当面の痛みを最小限に抑える手助けをしていることを指摘していた。

その結果、アフリカ開発銀行グループの譲許的窓口であるアフリカ開発基金から、アフリカ緊急食糧生産ファシリティの下で2,020万米ドルを確保した。
マラウイが確保した資金により、50万世帯の農家に、気候変動に強い認証済みの穀物と豆類の種子2500トンと、肥料7万トンが提供される予定である。

しかし、政府は、受益者数と償還価格の両面から、AIPに関する政策の方向性を早急に決定し、伝える必要がある。
雨季まであと3ヶ月というのに、人々は、このような状況なのだ。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください