【マラウイニュース】政府がコレラ発生への対応を強化

Ministry intensifies cholera outbreak interventions

2022年10月25日 | THE NATION

水・衛生省は、26県で発生し167人が死亡したコレラとの戦いに介入を強めている。

水・衛生省長官が署名した声明では、政府は、コミュニティが安全な水にアクセスできるよう、ホットスポット地域でボーリング孔を掘る予定であると述べている。

声明の一部によると、「とりわけ、政府は、安全な給水設備がない地域には、給水器を用いて被災者に安全な水を供給し、塩素を配布している。」としている。

この声明は、ンカタベイの地元指導者が、コレラのホットスポットの一つであるジラコマ伝統的自治区のトゥコンボに政府が約束した掘削穴がまだ掘られていないことに懸念を示したものである。

水・衛生大臣は、今年8月にこの地域でコレラが発生した際、政府は井戸を掘削したと伝えている。

しかし、長官は、トゥコンボ地区への長期的な介入として、同省は近々掘削孔を設け、ドワンバジ地方給水プロジェクトを拡張してンカタベイ県南部の住民に給水する予定であると述べている。
「さらに、同省は現在、コレラ感染地区において、掘削穴や配管された水道施設などの追加的な水供給のための技術的評価を主導しています」と彼は述べている。

水衛生担当長官はさらに、安全な水の供給へのアクセスを向上させるため、全国の水道局を通じて無料の水接続を展開し、政府がリスク回避のため水の汚染レベルを特定するために行っている水質検査と分析について説明している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください