【マラウイニュース】怒ったコミュニティがバラカのヘルスセンターを封鎖するデモ行進を実施

Angry communities Marches seal Health Centre in Balaka

2022年1月23日 | Face of Malawi

バラカ県のナンダンボ保健所周辺の怒れる村人たちが22日、保健所に向かって行進し、担当者と他の保健所職員に、この地域のコレラ患者を増やしているとして、施設から退去するよう求めている。

村人たちは、健康監視アシスタント(HAS)が「汚染されたコレラの注射器」で人々に注射していると非難している。

この施設の職員の一人で、健康監視アシスタント(HSA)によると、怒った村人たちは彼の家を破壊し、彼を殴り倒したという。

同県の保健当局と警察は、まだコメントを出していない。

バラカでは毎日コレラ患者が発生し、これまでに44人が死亡しており、ナンダンボとウロングウェが最も被害が大きい地域である。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください