【マラウイニュース】年金支払遅延は民間企業が多数

Private sector dominates pension payment defaulters

2022年9月9日 | THE NATION

マラウイ中央銀行(RBM)によると、年金保険料未納の雇用主が最も多いのは民間部門であり、この件に関していくつかの機関に対し法的措置を講じたという。

RBMの年金・保険規制担当主席審査官は、水曜日にリロングウェで開催されたニコ・ペンション・セミナーでの発表で、このように述べている。

彼女は、854の事業主が滞納している支払不履行は、中央銀行が年金管理を規制する上で直面している重要な課題の一つであると述べている。
「私たちが直面している課題は、従業員の年金未加入であり、もう一つは年金保険料の滞納で、854の雇用主が滞納していることです」と審査官は話している。
「このうち、828社が民間企業で、26社が準政府機関です。」

彼女は、規制措置の一環として、RBMは21の雇用主に対して法的措置を開始したと述べている。
「現在、段階的なアプローチとして、すべての雇用者に義務を思い出させるためのプレスリリース、雇用者との対話、遵守しない雇用者の名指し、辱め、が進められています。金融サービス法第75条に沿った行政処分もその一つです」と伝えている。

審査官によると、現在、金融機関登録機関は、最初に行政処分を受けた21の雇用主に対して法的措置を開始しているという。

雇用主は、年金が義務であることを知らなかったり、経済的な問題で保険料を払わなかったりすることを理由に、保険料を払わなかったと言う。

ニコ・ペンションズの部長は、支払いの遅れは年金管理、ひいては従業員の退職金制度に影響を及ぼすと述べている。
「保険料が私たちに支払われたとき、私たちの役割は、それらが適切に配分されていることを確認することです。2つ目の問題は、年金は成長しなければならないということです。運用しなければ成長しない。拠出金の支払いが遅れると、そのお金は投資されないという問題があります。 そのため、従業員の退職後の生活を支えるには不十分な給付しか受けられなくなってしまうのです」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください