【マラウイニュース】小規模漁業の改善に向けた新たな動き

New drive to improve small-scale fishing

2022年9月12日 | THE NATION

マラウイ湖畔の地域は、美しいビーチが観光客を惹きつけるだけでなく、漁業や水産加工、貿易など、さまざまな経済活動の拠点にもなっている。

湖畔に点在する指定された場所には、さまざまな職業の人たちが新鮮な魚や干し魚を買いにやってくる。
しかし、これらの水揚場には適切なシェルターや水産加工施設がなく、マラウイの小規模漁業部門に大きな影響を与えている。

そこで、漁業省はマラウイ湖畔の様々な場所に魚の水揚げ施設を建設し、復旧させることにしました。この施設では、冷蔵室、水産加工用シェルター、貯蔵室が提供される予定となっている。

水産省は、アフリカ開発銀行(AfDB)とマラウイ政府の支援を受け、持続可能な漁業・水産養殖開発・流域管理(SFAD-WM)プロジェクトを通じて施設を提供することにしている。
SFAD-WMは5年間のプロジェクトで、一般的な気候変動や気候変動に伴うリスクを考慮し、漁業・養殖業のコミュニティの回復力を向上させることを目的としている。

このプロジェクトでは、持続可能な捕獲漁業と流域管理、水産養殖の開発、水産物のバリューチェーン強化などのコンポーネントが含まれている。

漁業省のSFAD-WMプロジェクト・コーディネーターによると、マンゴチ、サリマ、ンコタコタ、ンカタベイ、カロンガの湖畔5県で15の魚揚場が建設される予定であるという。
また、衛生設備や太陽光発電ポンプも設置される予定となっている。
船着き場の建設にはK29億以上の費用がかかり、すべての建設作業が計画通りに進めば、今年の12月には人々がこの施設を利用し始める予定である。

一方、カロンガのカポロ、チパミラ、ンガラ、チルンバでもこれらの設備が提供される予定となっている。
ンカタベイではトゥコンボが、ンコタコタではチア・フィッシュ・マーケット、リワラジ、リンガがその恩恵を受けることになる。
同様の施設は、サリマのカフム、チランブラ、チコンベ、センガ湾、マンゴチのマレンボ、ムサカ、マカワにも建設される予定である。
また、リコマ島では冷蔵室と製氷機の改修も行われる予定となっている。

コーディネーターは、これらの設備が整うことで、収穫時や収穫後の魚の取り扱いが大幅に改善されると、非常に楽観的である。
「これらの施設は、収穫後のロスや廃棄物を防ぐ努力に貢献し、魚の付加価値を生み出すのに役立つと期待されています。市場までの魚の保管と輸送が改善されるでしょう。このプロジェクトでは、魚のポストハーベスト状態を改善する方法として、水揚場から市場までの輸送を支援する冷蔵トラック7台を全国で調達しています。」と話している。

プロジェクト・コーディネーターは、この設備が女性の魚へのアクセスと交渉力の向上に役立つと付け加えている。
現在、魚はボートで売られているため、ほとんどの女性はこの状況で魚を買うとき、男性と競争するのは難しいと感じているという。

魚の水揚げ施設を提供するという構想は、多くの人々を興奮させている。
マンゴチのナンクンバ主任は喜びを隠せず、施設の建設は県のビジネスを活性化させると述べ、このプロジェクトが本当に軌道に乗るように政府に要請している。
「このプロジェクトは非常に重要なものであり、私の地域の人々はこのプロジェクトが完成するのを楽しみにしています。」と話している。

サリマの長老も、漁業省のチコンベとカフムでの水揚げ施設建設計画を賞賛している。
「しかし、もうすぐ雨季に入り、道路がぬかるみ、滑りやすくなるため、移動に支障をきたすかもしれません。」と伝えている。

マカンジラは、持続可能な漁業活動に関心があり、マラウイ湖の魚を保護し、社会経済の持続的発展のために、規則や規制を守るよう、周辺の漁業コミュニティに忠告していることでよく知られている。

天然資源・気候変動省の大臣は、マレンボでの魚の水揚げ施設建設のための起工式を主宰した際に、この施設は国の社会経済発展に大きく貢献している小規模漁業セクターの改善に役立つと述べている。

また、マラウイの国土の20%は水に覆われているため、漁業部門は食料と栄養の安全保障、農村住民の生活、国の経済成長に大きく寄与していると話している。
「漁業は、マラウイ人の動物性たんぱく質摂取量の60%以上、総たんぱく質供給量の40%を占めています。さらに、漁業は国内総生産の推定4%(直接雇用者数6万5000人以上、水産加工や販売、ボート建造、エンジン修理に携わる間接雇用者50万人以上)に寄与している」と大臣は述べている。

プロジェクトのコーディネーターと同様に大臣も、水揚施設は、捕獲漁業のサブセクターの労働力の半分以上を占め、そのほとんどがポストハーベスト活動に従事しているため、食料安全保障、生活、世帯収入に大きく貢献する女性の役割強化に役立つと述べている。

そして、基準以下の構造物の建設や、迂闊な工事を行わないよう、請負業者に警告を発している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください