【マラウイニュース】大手保険会社NICOグループのICON不動産がチチリ・ショッピング・モールに駐車場管理システムを導入

NICO’s ICON Properties to introduce car park management system at Chichiri Shopping Mall

2022年11月21日 | Nyasa Times

NICOグループのICONプロパティーズは、安全で効率的かつ秩序ある駐車場利用を促進するため、チチリ・ショッピングモールに駐車場管理システムを導入することになった。

ICONプロパティーズを代表してエリス・プロパティーズが発表したところによると、ショッピングモールが現在直面している駐車場の問題を革新的に解決するアプローチとして、駐車場管理システムを調達したという。

このシステムが導入されれば、スピード違反の通行人や、顧客以外による駐車場の利用など、悪用が抑えられると期待されている。

週末、隣接するカムズ・スタジアムでサッカーの試合があるとき、ファンはショッピングモールに駐車し、彼らがスタジアムにいる約3時間の間に駐車場は混雑し、顧客が買い物をする機会を奪っている。

この傾向を知っている買い物客の多くは、お気に入りのショップライトやゲーム・ストアーズではなく、別のスーパーマーケットを利用することを選ぶことになる。

モールの他のテナントは、銀行の支店、携帯電話サービスプロバイダー、薬局、テクノロジーショップ、本屋、歯医者、ブティック、KFCなどのレストランで、最近建てられた建物に収容されている。

アフリブランドが運営するこの堂々としたKFCレストランでは、インターホンを通じて注文してからお金を払う個室、そして最後に料理を渡す個室まで数分かかるという、待望のドライブイン・サービスを提供している。

マサウコ・チペンベレ・ハイウェイのラウンドアバウトが混雑しているときは、クワチャ・ラウンドアバウトからプーマ・サービスステーションを経由してモールの駐車場へ入ってくるドライバーもいる。

特にリンベから来たミニバスの運転手は、マサウコ・チペンベレ・ハイウェイに戻るために急いでスピードを出し過ぎてしまう。

テナントであるICONプロパティーズへの通知によると、このシステムにはペイオンエグジットや自動ナンバープレート認識などの機能があり、「不正使用を抑制し、モールのセキュリティを強化する」という。

「この開発は、主に顧客が駐車場にアクセスできるようにすることによって、モールでのビジネスを後押しすることを目的としているので、数週間で、作品は開始され、任意のコメント、フィードバックや提案は歓迎されるだろう」とセンターチームのリードからの声明で伝えている。

監視台が設置され、セキュリティは万全ですが、車から貴重品を奪われる被害が発生している。
強盗は傷つきやすい車を見つけ、その横に車を止め、おしゃべりしているふりをして、1人が持っている複数の鍵を使って開けようとする。

警備員は彼らを発見するが、友人同士が偶然に隣り合わせに駐車し、おしゃべりして走り去る一方、別の者はショップライトやゲーム・ストアーズに買い物に行くかのようにそそくさと入っていくのである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください