【マラウイニュース】国境なき医師団がHPVワクチン接種で3万人の女児を目標に

MSF targets 30,000 girls in HPV vaccination

2022年1月20日 | Malawi 24

国際医療人し道団体「国境なき医師団」(MSF)は、マラウイのパロンベ県で9~14歳の少女を対象に、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種活動を開始した。

このキャッチアップ・ワクチン・キャンペーンは、来週の月曜日に終了しますが、3万人の少女を対象としている。

世界保健機関(WHO)によると、この取り組みは成人期の女性の子宮頸がんを予防する最も効率的な方法であるという。
「このワクチン接種は、マラウイに住む若い女性たちにとって素晴らしいニュースです。マラウイは、子宮頸がんによる死亡率が世界で最も高い国です。しかし、この年齢のすべての少女にHPVワクチンを接種することで、このがんを高度に予防できることがわかっています」と、MSFの共同外科医は説明している。
「私たちが病院で受け入れる子宮頸がん患者の多くは、病期が進行しているため、私たちの環境では治癒的な治療ができません。ワクチン接種と早期発見により、この病気の発生や拡大を防ぐことができると知っているだけに、これは非常に残念で悔しいことです」と付け加えている。

マラウイでは子宮頸がんの発生率が高く、女性のがん罹患率を下げるには予防が重要である。

この病気は、ほとんどの場合、性交渉の際に感染するヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が引き金となっている。
「COVIDの期間中は、子宮頸がん予防ワクチンの接種があまり活発ではありませんでした。MSFマラウイ派遣団副団長は、次のように述べている。
「日常的に、地区の保健センターでこのワクチンの接種が受けられることを家族に知ってもらうことが重要です」

しかし、9~14歳の少女たちに広く働きかけ、ウイルスに感染するのを防ぐ最も効果的な方法は、学校に行って予防接種を行うことだと、彼女は指摘している。
「MSFは保健省を支援し、パロンベ県の学校にいる9歳から14歳の少女3万人のほとんどに予防接種を行うことができるようにしています」と話している。

現在、HPVワクチンの必要性と使用方法に関する啓発は、11回のセッションを通じて、同地区の336人の健康監視アシスタントに対して行われている。

MSFの職員によると、91校の教頭や学校の保健教師も、女子生徒の両親へのワクチン接種の啓発や接種の企画に携わったという。

2017年からMSFは、ブランタイヤ県とチラズル県の女性のために、ワクチン接種、スクリーニング、早期診断、治療、そして必要に応じて緩和ケアへのアクセスを改善するという野望を持って、マラウイで包括的な子宮頸がんプログラムを展開している。

このプログラムは、新しいアプローチを開発し、子宮頸がん疾患のすべての段階を対象とすることを目的としている。

MSFによれば、子宮頸がんの包括的な管理には、一次予防(HPVワクチン接種)、二次予防(前がん病変のスクリーニングと治療)、三次予防(浸潤性子宮頸がんの診断と治療)、そして緩和ケアが必要であると保健専門家は述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください