【マラウイニュース】国会職員がストライキ

Parliament staff workers down tools

2022年10月13日 | Face of Malawi

リロングウェの国会事務局の職員は、2022年9月30日に亡くなった人物のポジションが、彼の埋葬からわずか1週間後に広告されたことについて、経営陣に説明させるためにストライキを行っている。

信頼できる情報源(名前は伏せます)によると、職員たちは空席を埋めることに反対しているわけではなく、そのタイミングに疑問を持っているという。
「しかし、この人は2週間前に亡くなり、その1週間後に新聞に欠員補充が掲載され、そこには亡くなった人が就いていたポジションがあったのです。というわけで、職員はその答えを求めている。」と伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください