【マラウイニュース】南アフリカで国防軍選手が活躍

MDF athlete shines in South Africa

2022年9月20日 | Malawi 24

マラウイ国防軍(MDF)3MRモヤレ兵舎所属のジョセフ・ニャスル(JK マラウイ)上等兵が、南アフリカ共和国で行われたテコンドーで金メダルを獲得した。

ニャスル選手は、テコンドーのオープン選手権に参加した選手たちの一人ある。

ニャスル選手によると、参加したすべてのカテゴリーで好成績を収めたという。
「私は格闘部門で優勝し、トロフィーと金メダルを授与されました。このカテゴリーはとてもタフなので、私にとっては大きな成果です」と彼は話している。

また、大会に出る前に、11月13日からメキシコで開催される世界選手権に最優秀選手が出場すると聞いて、より一層頑張ったという。

監督は、ニャスル選手を輝かせたのはハードワーキング・スピリットであると語っている。
「JKの唯一の秘訣は、トレーニングに励むことです。」と話している。

この大会には、マラウイ、ボツワナ、ジンバブエ、スワジランド、レソト、モザンビーク、そして開催国の南アフリカから選手たちが参加している。

前回、エスワティニで開催された大会では、ニャスル選手は3位入賞を果たしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください