【マラウイニュース】停電で事業収益が低下

Blackouts dampen Businesses output

2022年8月24日 | THE NATION

企業では、長引く停電が経営に打撃を与えており、ある企業は操業能力を下回ることを余儀なくされ、またある企業は代替電源に多くの費用を費やすことを避けられないと嘆いている。

マラウイ商工会議所(MCCCI)の会長は、昨日のインタビューで、電力供給の問題により、現在、企業は能力の半分で操業しており、発電機を動かすために余分なコストを負担していると伝えている。

しかし、この結果は、民間セクターのロビー団体が、停電が企業に与えるコストに関する詳細な調査を確定するために、会員から継続的に得ている定性的なフィードバックに基づくものである、と彼は話している。

イロヴォ・シュガー(マラウイ)社のマネージングディレクターは、次のように述べている。
「企業は、電力が利用できないため、より高いレベルのオペレーションを電力に依存することはほとんどありませんが、発電機は高価であるため、生産コストが高くなっています。」と伝えている。

マラウイは現在、深刻な電力不足に直面しており、今年1月に熱帯性暴風雨アナによる被害で130メガワット(MW)のカピチラ水力発電所が壊れた後、家庭や企業が8時間の負荷遮断にさらされている。

このような状況により、マラウイ電力供給公社(Escom)は産業界や家庭に対し、利用可能な電力の配分を余儀なくされている。

電力危機のピーク時、一部の小規模事業者は、電力がビジネスを行う上で最大の障害となり、収益性に影響を及ぼしていると指摘している。

プレスベイクの事業者が、月曜日のインタビューで、長引く停電のためにビジネスが立ち行かなくなり、苦労していると伝えている。

停電のたびに生産がストップするため、生産量が約65%減少しているという。
「私たちにとって、生産時間のロスは、顧客からの注文に応えられないことを意味します。これは自動的にビジネス全体の成長を鈍化させ、生産コストを増加させ、結果として低収益をもたらすのです。今後、一緒に働いている8人を維持できるかどうかも疑問です」と事業者は話している。

ブランタイヤのバングウェ・タウンシップでメイズ工場を経営する事業者も、同じような状況だという。

停電が続くため、事業を存続させるために借金をせざるを得ないと話している。
「このビジネスから得られる収入は45%激減しましたが、月末には請求書を支払わなければなりません。私は、理想的に維持されるはずのビジネスを実行しているにもかかわらず、請求書を決済するためにお金を借りることを余儀なくされているのです」と話している。

同じく、チロモニで同様のビジネスを営む事業者は、インタビューに応じ、電力がなければ運営できないため、事業の停止を余儀なくされ、やりくりに苦労していると語っている。

マラウイ・カトリック大学経済学部の講師は、昨日のインタビューで、現在の停電の状況は、マラウイが望ましい経済成長率を達成する上で大きな悪影響を及ぼしていると述べている。
「経済が成長するためには、電力が重要であり、現在の状況はあらゆるレベルのビジネスに影響を与えている。中小企業も同様に影響を受けており、小さな起業家はまさに命綱を切られてしまったようなものだ。」と話している。

一方、エネルギー省は、産業界と家庭が電力不足にならないよう、618メガワットの電力が必要だと述べている。

618MWの需要予測は、現在の電力発電公社の設備容量である539MWに対してのものである。

エネルギー省の広報官は、この需要を満たすためには、安定した電力への集中的な投資が必要であると述べたと引用されている。
「これは、24時間365日最低限の電力需要を満たすために、継続的に稼働する発電所の建設を意味する 」と伝えている。

広報官は、エネルギー省が現在、電力需要を決定し、国の長期開発アジェンダであるマラウイ2063と整合させるために統合資源計画を見直していることを示している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください