【マラウイニュース】価格上昇の中でメイズの非公式輸出が増加

Informal maize export up amid rising prices

2022年9月24日 | THE NATION

飢饉早期警戒システムネットワーク(Fewsnet)は、8月の非公式なメイズ輸出が前月比で38%増加し、5年平均比で281%増加したことを発表した。

2022年8月から2023年3月までの期間をカバーするFewsnetマラウイ食糧保障予測レポートによると、輸出の増加は、近隣諸国におけるメイズの需要と価格の上昇が、国内の食糧供給に対するリスクを引き起こしているためだという。

報告書によると「近隣諸国と東アフリカにおける需要と価格の上昇は、輸出の大幅な増加をもたらし、地元の食料供給力を低下させた。繰越在庫と収穫生産は当初、2022/23年の消費期間の食料供給が純減になることを示していたにもかかわらずである」としている。

しかし、報告書によると、マラウイは非公式なメイズの輸入が減少していることがわかる。

データによると、ザンビア経由のモザンビークとマラウイ北部のモザンビーク経由のインフォーマル輸入は先月より23%、5年平均より21%減少している。

一方、FewsNetによると、一般的に価格が高いため、ほとんどの世帯が市場での食料購入に制約を受けており、所得へのアクセスが限られていることがそれをさらに悪化させているという。

報告書は次のように述べている。
「特にマラウイ南部の非常に貧しい家庭や貧しい家庭の多くは、食料を主に市場で購入しているが、メイズの価格が上昇したため、十分な食料を購入する能力が低下している。価格上昇の要因は、特にマラウイ南部での市場需要の増加、燃料価格の上昇による取引コストの増加、世界的要因による一般的なインフレ、最近の現地通貨クワチャの切り下げ、国境を越えたタンザニアの市場での需要の増加などです」と伝えている。

マラウイ穀物商人協会の会長は、先のインタビューで、メイズの生産量の少なさとクワチャの切り下げを主因とする需要と供給が、非公式な輸出と同様にメイズの価格を押し上げる主要因であることを指摘している。
「クワチャの切り下げは、タンザニアや近隣諸国からマラウイ産のメイズを購入する余地を与え、その結果、地元市場に圧力をかけることになりました。そのため、人々は市場に出回っているわずかな量を求めて奔走し、その結果、価格が上昇しているのです」と彼女は述べている。

メイズは、消費者物価指数(一定の量と質の商品とサービスのバスケットにおける物価の変動を表す指標)の一部として、インフレバスケットに約52%寄与している。

一方、マラウイ脆弱性評価委員会(Mvac)の報告によると、マラウイでは少なくとも380万人(人口の20%)が深刻な食糧不足に直面すると予想されている。

380万人という数字は、2018/19消費年度の330万人、2021/22消費年度の149万人と比べて、過去5年間で最も急性食料不安人口が多い数字となる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください