【マラウイニュース】今週末マラウイで14時間の停電が発生予定

14-hour blackout to hit Malawi this weekend

2022年7月28日 | Malawi 24

マラウイ電力供給公社(ESCOM)は、土曜日と日曜日の14時間、全国で家庭用および一部の産業用機器の電力供給が停止されると発表した。

これは、土曜日にンクラB発電所が、日曜日にはンクラAとBの両方が緊急メンテナンスのために停止するため、土曜日と日曜日にそれぞれ100メガワットと135メガワットの電力供給が減少することによるものである。
「その結果、土曜日には176MW、日曜日には140MWが供給され、病院や水汲み場など、ESCOMにとって不可欠なサービスを提供できるようになる」と、ESCOMは昨日の声明で述べている。

電力発電公社(EGENCO)は昨日、ンクラB取水口でゴミかき出し機が水没し、発電所を停止させずにゴミをかき出す試みはすべて失敗に終わったため、メンテナンスが必要になったと発表している。
このため、ゴミかき出し機撤去のための作業では、ダイバーが水中に潜り、動かないゴミかき出し機を撤去し、取水口のスクリーンを検査し、損傷したスクリーンを修理する予定となっている。

マラウイの人々は、今年1月のカピチラ発電所の被害を受けて、すでに1日に少なくとも6時間の停電を経験している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください