【マラウイニュース】中国が後発開発途上国10カ国にゼロ税率を適用へ

China to grant zero-tariff treatment to 10 least-developed countries

2022年11月10日 | Xinhua Net

中国は、開放的な世界経済を促進するため、後発開発途上国10カ国からの課税対象品目の98%にゼロ税率を適用するとしている。

国務院関税委員会によると、12月1日から、中国はアフガニスタン、ベニン、ブルキナファソ、ギニアビサウ、レソト、マラウイ、サントメプリンシペ、タンザニア、ウガンダ、ザンビアの98%の関連輸入品のすべての関税を免除する。

国務院関税委員会によると、この措置は、ウィン・ウィンの結果をもたらす開放、開かれた世界経済の構築、後発開発途上国の発展加速に資するものであるという。

この政策措置は、中国と外交関係を築いているすべての後発開発途上国に徐々に拡大されると、同委員会は付け加えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください