【マラウイニュース】ンサンジェで929件の口蹄疫感染を記録

Nsanje registers 929 foot and mouth disease cases

2022年9月6日 | THE NATION

ンサンジェ県の農業主任によると、シレ・バレー地区での口蹄疫の蔓延を抑えるために予防措置を強化したという。

日曜日のインタビューでは、テンガニ長老の地域で発生が報告されてから1ヶ月後、この病気は他の2つの伝統的自治体(T/As)に広がったと述べている。
「他の影響を受けるT/Aはムベンジェとムロロです。2022年8月31日の時点で、ンサンジェは、3つの地域の115のクラールスで929件の口蹄疫を登録しました」と主任は話している。

彼は、感染地域からの動物の移動制限を含む管理措置を強化すると伝えている。
さらに、食肉処理場を閉鎖し、食肉の販売を禁止したと付け加えている。
「私たちはすでに、制限を実施するために、地区内のM1に2つの道路ブロックを設置しました。私たちのオフィスでは、T/A テンガニのすべての動物にワクチンを接種しました。我々は、他のT / Aの動物にワクチンを接種するために私達に多くのワクチンを与えるために農業省に手紙を出している」と伝えている。

一方、肉や動物の販売禁止は、鶏肉や魚などの他の商品の価格を上げたため、県の住民やビジネスマンをパニックに陥れている。

ンサンジェ市場精肉業協会の会長は、この病気は彼らのビジネスに影響を及ぼしていると述べている。
「私たちは、農業事務所と協力して、ビジネスを再開できるように、この病気を食い止めようとしています。もし病気が広がり続ければ、私たち家族は苦しむことになるでしょう」と話している。

日曜日に市場を訪れた際、トレーダーたちは鶏が不足していることが判明している。

この病気は、チクワワ県で同様のケースが記録された後、今年7月に同地区で初めて登録されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください