【マラウイニュース】ロシア企業がマラウイに2万トンの肥料を提供

Russian firm to give Malawi 20 000MT fertiliser

2022年11月3日 | THE NATION

ロシアの鉱物・カリ肥料メーカーであるウラルケム社は、マラウイに2万トンのNPK肥料を寄贈することを約束した。

この寄贈は、マラウイの年間必要肥料量600,000MTの約3%に相当する。

同社は人道的使命の一環としてアフリカ諸国に肥料を無償で提供しており、現在封鎖されている欧州の港を通して合計26万MTの肥料を供給する予定である。

ウラルケムの最高経営責任者は、ロシア国営通信Tassの引用で、最初のバッチは約20,000MTの肥料を出荷し、行き先はマラウイになると述べている。
「私たちは、アフリカ大陸への鉱物性肥料の無償提供を推進します。欧州の倉庫に残っている約24万トンの肥料をできるだけ早く引き渡す用意がある」と述べている。

同社はその後、国連の参加を得て、この商品の封鎖を解除するための協議を進めていることを明らかにしている。

昨日、委員会は、調査対象が一部の公務員を追い詰めているという一部のメンバーの認識から、インタビューのために並んだ人々の何人かに会わなかったとされる。

当初、2020年6月23日に行われる裁判所認可の新鮮な大統領選挙のキャンペーン中に、トンセ同盟によって普遍的な補助金として販売されていたが、AIPは、年間K300億以下で90万農家を対象に民主進歩党政権によって実施された農業投入財補助プログラムの5倍に近い拡張であることが判明している。
一方、AIPは420万世帯、K1,583億を対象としていたが、初年度は受益者数が約360万人に削減されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください