【マラウイニュース】リロングウェ市議会がモバイルマネー代理店への新たな手数料を発表

LL City Council announce new fees for mobile money agents

2022年9月21日 | Malawi 24

リロングウェ市議会は、ンパンバとエアテル・マネーの販売店、代理店、小売店に対する新しいライセンス料を発表した。

Malawi24が入手した資料によると、新しいライセンス料はエリア1、2、3、シティセンターで営業する小売店、CVキオスク、傘置き場、モバイルウォレット支店に適用されるという。

同議会の議長が署名した文書によると、対象エリアにキオスクを持つ携帯電話販売業者は今後、年間K45,000を支払うことになり、地代はK5,000となる。

ンパンバとエアテル・マネーの傘型店舗は、年間K45,000の支払いとなり、地代はK5,000となる予定である。
ンパンバとエアテル・マネーの支店は、年間K110,000を支払うことになり、地代はK5,000に固定される。

一方、キオスクや傘の小屋で営業しているその他の商品の小売業者は、今後、年間K75,000を支払うことになり、地代はK5,000となる。

「リロングウェ市議会は、エリア1、エリア2、エリア3、シティセンターのキオスク、傘置き場、モバイルウォレットの支店で営業するすべての業者に新しいライセンス料を通知しています」と、文書の一部で伝えている。

同議会はまた、舗装道路、道路排水路、下水道タンク、駐車場など、指定されていない場所でのモバイルマネー代理店の営業を禁止するよう、営業基準の一部を変更している。

また、キオスクや傘置き場で営業し、モバイルウォレットサービス以外の商品を販売する業者は、小売業者に手数料を支払うよう命じている。

さらに同議会は、すべての携帯電話代理店は同議会以外に料金を支払ってはならないと規定し、老朽化したキオスクの使用は認めないとも述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください