【マラウイニュース】メガファーム展開の鍵は民間企業

Private sector key to mega farms roll out

2022年10月6日 | THE NATION

マラウイにおけるメガファームの運用と可能性に関する研究では、農業の生産性を制限する要因に対処するだけでなく、既存の大規模農場の強化と支援に焦点を当てるべきであると提言している。

独立系農業政策シンクタンクであるムワパタ研究所によるこの研究は、さらに、メガファームは民間投資家が所有・管理し、その目的は土地を生産的に利用することであると指摘している。

この研究は、「マラウイ農業を変えるメガファームの可能性」と題され、政府は民間セクターと比較してメガファームを効率的に運営できないため、政府の主な役割は民間セクターが運営できる環境を整えることであると述べている。

この調査報告書の一部によると「政府は、メガファームへの投資を検討している民間企業に対し、環境を整え、遊休地や未利用地を明確なパフォーマンス基準でリース契約により利用できるようにする必要があります。政府のその他の役割としては、資金調達の確保、大規模な国内・輸出市場へのアクセスの促進、インセンティブや灌漑、電力、その他の支援インフラへの投資という形で支援を行うことが挙げられる。」と伝えている。

このプロジェクトを成功させるために、研究チームは、メガファームと周辺の零細農家やコミュニティとの有意義な交流を確保するための政策を策定すべきことを提言している。
「このような関係は、単に労働力を雇うだけでなく、拡大する必要があります。例えば、メガファームは周辺のコミュニティと契約農業を行い、高品質の投入資材、改良普及サービス、生産技術、生産物市場を提供することができます」と伝えている。

さらに、周辺コミュニティの零細農家は、雇用やマーケティングを通じてメガファームに統合される可能性があるとしている。

「これは、メガファームの成長が社会的に責任のある形で行われるために必要なことです」と述べている。

この研究では、機械化、付加価値、灌漑用水の通年供給、スムーズな舗装道路へのアクセスなどの支援インフラ、熟練した労働力と管理、良質の耕作地などが、プロジェクトを実現するために批判的に検討されるべきであると指摘している。

農業省の報道官は、農業省は様々なモデルを用いてメガファームのコンセプトを実現するつもりであると発言している。
「政府の全額出資、民間の全額出資、官民パートナーシップのいずれかになるだろう」と述べている。

今年6月、ラザルス・チャクウェラ大統領は、農業省に対し、6ヶ月以内にメガファームプロジェクトを展開するよう指示している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください