【マラウイニュース】メイズ価格が26%上昇

Maize prices up 26 percent

2021年2月18日 | Business Malawi

国際食料政策研究所(Ifrip)のデータによると、2021年1月の国内のメイズの小売価格は26%上昇し、1キログラム(kg)あたりK191になった。

マラウイ商工会議所連合会の1月の経済レビューによると、2022年1月の第1週から、小売価格がわずかに低下する第2週まで、価格は急激に上昇している。

その後も値動きは激しく、国内のほとんどの地域で50kg袋あたり約K9,550で今月を終えている。

しかし、一部の地域では、商品価格は50kg袋あたりK10,000~11,000の幅で推移している。

「1月は不需要期であるため、在庫が枯渇し、価格上昇の圧力がかかる。2022年は雨期が遅く、肥料が手に入りにくいこと、南部で洪水が発生したことから、価格の上昇が続くと思われる」と報告されている。

地域別では、南部地域のメイズ小売価格は、中部・北部地域に比べ、引き続き高値で推移しています。

報告書は、南部地域で販売されているメイズのほとんどが中部地域の地区から調達されているため、取引業者が輸送費を織り込んでいることが原因であるとしている。

穀物商加工業者協会会長は、先のインタビューで、不況期にはこのような上昇が予想されるが、メイズの平均はkgあたりK200となり、近隣諸国をわずかに下回るだろうと述べている。
「価格を安定させるために、政府は輸出禁止措置をとるべきではない。なぜなら、輸出禁止措置をとると、食糧不安の恐れが生じ、トウモロコシの価格が上がってしまうからだ」と言う。

2021-22年の農作業シーズンにマラウイが直面した雨の遅れは、国民の間にメイズの価格が上昇したままになるのではないかという不安をもたらしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。