【マラウイニュース】メイズ価格が家計を助ける

Maize price cushions households | THE NATION

2021年2月25日 | THE NATION

生活を維持する必需品を手に入れるための家計が必要とする最低限の支出である、生存最低支出量(Smeb)が、メイズ価格の低下によって、K64,204へ0.8%低下した。

公開された世界食糧計画(WFP)のマラウイ最低支出量(MEB)ラウンド21によると、農村部ではSmebが平均K42,146で85%が食費となっている一方、都市部での食費での支出は58%だけだった。

現在の全国平均価格は2020年の水準から40%も低く、過去5年間の平均と比べて8%低いままでもあると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。