【マラウイニュース】メイズの不正輸出が横行

Illegal maize exports rife

2022年10月25日 | THE NATION

メイズの密輸入が増加していることから、マラウイ警察では、副警視総監が率いる特別パトロールチームを結成し、犯人を取り締まることになった。

国家警察の報道官は、24日のインタビューで、警察は、カロンガとチティパの国境地帯で横行していると言われる不正行為を抑制するために、特別活動を構成していると述べている。
「我々は、これを阻止するためにいくつかの行動を起こしました。チティパでは、カロンガのイピアナから来た警察機動隊と地域事務所の他の警官とともに、特別作戦が展開されています。それくらい、私たちは悪徳商法に真剣に取り組んでいるのです。この検査は、国内の他のすべての国境地区でも行われています。輸出禁止があるのはご存知の通りですが、警察としてその禁止を徹底させることに全力を尽くしています。」と話している。

報道官は、チームは数週間前からチティパとカロンガに滞在しており、一般市民に対し、トラック一杯のメイズを見かけたらいつでも警察に通報し、協力するよう訴えている。

貿易産業大臣によると、国内でのメイズの輸出は、依然として禁止されている。
同大臣は、25日のインタビューで、農産物の密輸が国内で悪化していると述べ、同省がこの悪習を終わらせるための戦略を練っていると付け加えている。
「我々は輸出許可を発行しておらず、輸出する側が農産物を密輸しているのです。私たちは、大きな損失を被っているのですから、できるだけ早く戦略を立てるべきだと積極的に働きかけています。メイズ、キマメ、豆の密輸は非常に残念なことであり、我々はこれを止める必要があるのです。」と伝えている。

先月、警察は、チティパ地方議会の議長、ザンブウェ区、ヤンバ区の区議会議員を、イロンバ国境検問所でのメイズの密輸を手助けした疑いで逮捕し、密輸の増加について明らかにしている。

しかし、議長は、インタビューの中で、検問所は車の税金を徴収するためだけのもので、現在は国境から約10キロのムワムクンブワに移動していると話している。
毎日、メイズなどを積んだ車両がタンザニアまでトレッキングしているという。
「毎日、メイズやウシパ、そしてメイズの殻をタンザニアに運ぶトラックを見かけます。私たちは何もできません。なぜなら、彼らに質問する権限がないからであり、また、私たちが法執行機関と友好的な関係にないことも原因です。ソングェ川はほとんど干上がった状態なので、川を利用した密輸は簡単なんです。
ソングウェ川を利用してタンザニアにメイズを運ぶ人もいます。タンザニアに運ばれるメイズはチティパ産ではなく、遠く離れた地域から運ばれてくるのですが、なぜそのような人たちがどの道路封鎖も止めずに通過するのか不思議です」と話している。

マラウイでは約380万人が食糧不足に陥っており、救援物資を必要としているときに、このような違法な輸出が行われている。

一方、マラウイ穀物商人協会の会長はインタビューの中で、密輸は、人々が持っているメイズの在庫を申告していないことが原因で悪化していると述べている。
「私たちは会員に在庫を尋ねていますが、誰も申告していません。適切な情報がないのです。民間業者と政府は、この点について透明性を確保する必要があります。マラウイには巨大な国内市場があるのに、なぜメイズを国外に売るのでしょうか?例えばリロングウェでは1kgがK365(50kgあたりK18,250)で、これは輸出した場合の価格よりはるかに高いのです」と話している。

世界食糧計画東部アフリカ地域局の報告書によると、南部アフリカのメイズの供給は、主要生産者と輸出業者の収穫量が毎年最も減少しており、2021/22年の販売年を10%下回っているという。
「東部アフリカへのメイズ輸入の大部分は、南アフリカ、マラウイ、ザンビアが現在の販売年に輸出可能なメイズの余剰があることから、調達される可能性が高いです。これらの供給元市場は、メイズの穀物平価が低いこともあり、有利です」と報告書は述べている。

マラウイの納税者は、今後5ヶ月の間に380万人の食糧難の人々に食糧を供給するために、K760億という膨大な食糧費を負担することが予想されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください