【マラウイニュース】ムズズのマーケットの廃棄物管理の悪さを業者が非難

Vendors decry poor waste management in Mzuzu markets

2022年11月24日 | Malawi Voice

ムズズ市議会(MCC)の市場で商売をする業者の中には、市場における不適切な廃棄物管理に懸念を示す者もいる。

ほとんどの廃棄物はビジネス街の近くに積み上げられており、業者たちは、この状況が雨季の始まりとともに、彼らや彼らの顧客をコレラ病の危険にさらすことを恐れている。

ムズズのメインマーケットで商売をする女性は、議会はほとんどマーケットを掃除しておらず、不潔な環境で商売をしていると述べている。
「議会はほとんど掃除しない。特に雨が降り始めた今、コレラの発生を恐れて、私たちは自分たちで市場を掃除しています」と彼女は主張している。

同じ市場で魚を売っている別の事業者は、市場には適切な廃棄物管理設備が提供されていないと話している。
「私たちの手の届くところにゴミ箱がありません。その上、排水設備が閉塞しているため、雨季には水が溢れ出します。毎日払っている市場使用料を考えると、こんなことは許されない」と彼は話し、この状況は市場使用料を払うのを止めるに十分な理由であると付け加えている。

ムズズのメインマーケットの議長は、MCCに対し、排水システムの問題を早急に解決するよう要請している。

MCCの広報担当は、この問題を認めながらも、ごみ収集装置の不足が原因であるとして、早急に対応するよう求めている。
「ンカタベイ地方議会のごみ収集車を使っていたため、2ヶ月間は安心でした。しかし、2週間前にトラックを返却するよう要請があり、そのため市場にゴミが溜まってしまったのです」と伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください