【マラウイニュース】マラウイ選挙委員会が「ワクチンを接種しなければ出社するな」とスタッフに通達

MEC tells staff “Don’t come to work, if you’re not vaccinated.”

2021年8月2日 | Nyasa Times

破壊的なCovid-19ワクチンを接種したがらない人が多くいることを懸念し、マラウイ選挙委員会(MEC)が従業員へ、もしコロナワクチン接種をしない場合は、就労したことを報告しないように命令を出した。

MECが国内では、ワクチン接種なしでは労働をさせない施策を強制させる最初の公共機関となる。

MEC広報部長は、委員会は全ての従業員にワクチン接種を推進することで、従業員を守るだけでなく、それ以外の人々も守ることになると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。