【マラウイニュース】マラウイ政府が裁判官の定年70歳への引き上げを求める

Malawi Govts wants judges’ retirement age increased to 70

2022年7月26日 | Malawi 24

トンセ同盟政権は、裁判所法を改正し、マラウイにおける裁判官の定年を65歳から70歳に引き上げることを計画している。

ラザルス・チャクウェラ政権は、裁判官の定年を引き上げる裁判所法改正案を国会に提出することを望んでいる。

地元メディアの取材に応じた司法長官は、裁判官は年齢とともに知恵を必要とするため、退職年齢の引き上げを決定した、と述べている。

この法案はまた、特別な金融犯罪裁判所を設立し、4級判事裁判所を廃止することを求めている。

一方、ケープタウン大学法学部の教授は、フェイスブックの投稿で、マラウイ司法当局には腐敗した裁判官もいるため、裁判官の定年を引き上げることは無責任であると主張している。
「司法界には多くの腐敗した裁判官がいます。定年退職は彼らをシステムから排除する唯一の方法です」と彼は書いている。

教授は、懲戒手続きは司法機関には存在しないか、あるいは使われたことがないと付け加えた。彼は、司法から腐敗した裁判官を一掃するために、定年退職の年齢を引き下げることを提案している。
「もしこの法案が通れば、この政府が行ったことのある最も無責任なことのひとつになるだろう。もちろん、裁判官の罷免手続きを改革する法案も同時に提出されれば別だが」と述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください