【マラウイニュース】マラウイ政府がクワチャの大幅な切り下げを画策

Malawi Government plotting huge devaluation of Kwacha

2022年1月15日 | Malawi 24

マラウイ中央銀行(RBM)の前総裁は、ラザルス・チャクウェラ政権は、マラウイ・クワチャを静かに切り下げ、その切り下げを民間部門のせいにするために外為オークションを導入したと述べている。

前総裁は、ドルや他の通貨に対するマラウイクワチャの清算価格を決定し維持することを目的とした定期的な外国為替オークションについて、金曜日にRBMから発表されたことを受けて、このように述べている。

RBMによると、公認ディーラー銀行(ADBs)は、各ADBが決定するレートでRBMに外国為替を売却する入札を行う予定となっている。
「これらのオークションは、主要通貨に対するマラウイ・クワチャの市場清算為替レートの発見を容易にし、それによって為替レート決定の透明性を促進します」と、声明の一部で伝えている。

しかし、ピーター・ムタリカ政権時代にRBM総裁を務めたカバムベ氏は、この動きは間違った方向への第一歩であると評しています。

「この政権がこの措置に頼らざるを得なかったのは、財政的な慎重さと健全な経済原則の欠如である」と彼は言った。「このままでは、政府は民間銀行に責任を押し付け、クワチャは黙って切り下げられることになる。

カバムベ氏は、ムタリカ氏に代わって民進党の党首となり、2025年の選挙に参加することに関心を示しており、今必要なのは、経済を立て直すために投資を呼び込むシステムを構築することであると述べた。

しかし、彼は、チャクウェラ政府は、政府がそれを行うたびに、物価が高騰し、基本的な商品が入手できなくなることから、経済を立て直すことができないことをすでに示していると主張している。

前総裁によれば、解決策は、システム全体を見直し、有能なリーダーを得ることにあるという。
「経済アドバイザーと豊かな議論を交わし、自分が下す決断の深さを十分に理解しているリーダーが必要です。たとえどんな専門家を連れてきても、リーダーが腐敗した人々と仲良くしている限り、重要な決定を下すことはもちろん、彼自身の緊縮策を実行することもできないからです」と話している。

5月、チャクウェラ政権はクワチャを25%切り下げ、商品やサービスの価格上昇を招いている。
切り下げによる悪影響にもかかわらず、チャクウェラ大統領は、それは経済を立て直すための必要悪であると擁護している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください