【マラウイニュース】マラウイ中央銀行が1万円札導入計画を否定

Reserve Bank of Malawi Denies Planning to Introduce MK10,000 Banknote

2022年8月3日 | Malawi Voice

マラウイ中央銀行は、K1万札の流通を計画しているとの報道を否定している。

これは、中央銀行が2022年10月にこの銀行券を導入するつもりであるというソーシャルメディア上の報道を受けたものである。

中央銀行総裁の署名入り声明によると、同銀行は、近々にK1万札を導入する意図はないという。

中央銀行によると、高額紙幣の発行にはいくつかの条件があり、最高額紙幣が流通する通貨総額の60.0%を超えていなければならないとされている。

しかし、総裁によると、現在この比率は26%であるため、この条件は満たされていないという。

日本銀行は、このような憶測は誤りであり、国民はそのようなことはないと考えるべきであると述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください