【マラウイニュース】マラウイにおける電力問題の深刻化

Electricity woes worsen in Malawi

2022年8月21日 | Malawi 24

マラウイ電力供給公社(ESCOM)と電力発電公社(EGENCO)は、長時間の停電を理由にマラウイ国民から非難を浴びている。
マラウイ国民はソーシャルメディアを通じて、通常の1日8時間の停電からここ数日悪化した停電について苦情を訴えている。

リロングウェの多くの地域では、金曜日から1日12時間以下しか停電していない住民もいる。
土曜日には、午前4時から8時間停電し、午後2時ごろに復旧、午後5時から4時間停電になった地域もある。

21日も朝から全国の多くの地域で停電が発生している。
ESCOMのFacebookページでは、金曜日にシステム停止により全国で電力供給が停止したとの声明が掲載されている。

フェイスブックでは、マラウイ国民が、長時間の停電とEGENCOとESCOMからの明確な説明の欠如について不満を述べている投稿が多数ある。
「ESCOMのせいではないかもしれない。EGENCOかもしれない。しかし、それが誰であろうと、どうか私たちの苦しみを和らげてください。私たちはすでに十分に苦しんでいるのです。負荷削減のスケジュールに書かれていることは、実際に起こっていることではありません。(少なくともこの件に関しては、私は国民を代表して話すことができます)」とある者がFacebookに書いている。

別のFacebookユーザーはこう言っている。
「私たちには、電気を供給することを義務づけられている会社が3社あります。EGENCO、パワー・マーケット社、ESCOMです。また、アフリカで最も大きな川の一つもあります。この地域で2番目に大きな湖もあります。地熱発電のホットスポットがたくさんあります。国境内にはたくさんの石炭があります。さて、先ほどの3社に話を戻しますが、彼らはいったい何をしているのでしょうか?国ってあるんでしょうか?電気が来てから14時間も経っているのに、何もしていない3人のCEOに給料を払っているんですよ」。

ソーシャルメディア上では、ラザルス・チャクウェラ大統領に対し、ESCOMとEGENCOの経営陣を交代させるとともに、エネルギー大臣を解任するよう要請している。
「ESCOMとEGENCOはつぶれろ!私たちは停電や電力不足にうんざりしている。事実、誰か、あるいは他の者が失脚したのだ。大統領、これはあなたが私たちに掃除すると約束した瓦礫の一つです、それとも、ほうきはこのESCOMとEGENCOとは関係ないのでしょうか?私たちは多くのことを経験していますが、この電力の問題はあまりにも多くのです。だから、私はそれが落ちる必要がありますと言った理由です」と一人が言っている。

また、別の人はこう書き込んでいる。
「もしラザルス・チャクウェラ大統領が真面目な大統領なら、今頃マラウイ電力供給公社(ESCOM)や電力発電公社(EGENCO)で、暗黒エネルギー大臣の更迭はもちろん、厳しい人事異動が行われているはずだ。マラウイは最近の歴史の中で最悪の電力危機を迎えているが、優柔不断なチャクウェラ氏はそれでいいのだろうか。確かに、これは2020年の新大統領選挙で我々が投票したものではない」。

ソーシャルメディアコメンテーターは、Facebookの投稿で、ESCOMが苦戦しているのは、何年も前から人々が同社から金を盗んでいるからだと指摘している。
「すべての判断を誤ることはできない。明日がないかのような略奪だ。それでも会社が存続すると思っているのか。ESCOMはひどい会社だ。政治家も政権を取ったら、みんなESCOMから金を盗む。ESCOMは無料の資源から 水力発電を行う ウォーターフォール 何年も前に一度だけ投資されたことがある。なぜ今日倒産してしまったのか?その金はどこにある?」と投稿している。

彼の気持ちは他のユーザーも同じで、「あなたが盗んできたお金、政治家やフーリガンのために吸い上げたお金、何十億もの誤発注によって実行した不正な計画、消えた燃料、警備員が盗んだとされる数百万リットルの燃料、つまり、あなたが長年にわたって見せてきた絶え間ない勇気ある愚かさすべてが、この国を今の停電にしているのです」と書いている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください