【マラウイニュース】マラウイで263頭のゾウを移動させる記録的な作業を完了

Malawi completes monumental translocation of 263 elephants

2022年8月4日 | Gateway

マラウイ当局は、263頭のゾウと431頭のその他の動物をリウォンデからカスング国立公園に移動させるという、記録的な野生動物の移送を完了させた。

6月27日から1ヶ月以上かけて行われ、7月31日に最後のゾウを移動させることができた。
この間、インパラ、バッファロー、イボイノシシ、セーブル、そして263頭のゾウは350kmを道路で輸送されている。

マラウイ国立公園野生生物局長は、「我々は、この活動が無事に終了したことに大きな喜びを感じています。カスング国立公園にゾウやその他の野生動物が加わることで、マラウイの観光だけでなく、雇用創出を通じて地域社会にも利益をもたらし、それによって自然保護主導の経済が促進されるでしょう」と述べている。

リウォンデは2016年と2017年に史上最大級のゾウの移動のホスト役を務め、520頭のゾウ(366頭はリウォンデから移動)を移動させ、生息地の圧力を緩和し、ンコタコタ野生生物保護区を再繁殖させている。

1970年代には1200頭のゾウが生息していたカスングの再繁殖に、リウォンデはもうひとつの重要な役割を果たしている。
しかし、密猟により、2015年には49頭まで減少していた。
アフリカンパークス、マラウイ国立公園野生生物局、国際動物福祉基金の協力により、カスングに再びゾウが生息できるようになっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください