【マラウイニュース】マラウイで起こっている外貨窃盗の実態

How forex theft hurting Malawi

2022年9月10日 | THE NATION

恒常的な外貨不足の中、マラウイは主に貿易の不渡りを通じて、年間6億5000万ドル(K6500億)の不正な資金フロー(IFFs)で失っていることが、2021年のグローバル・フィナンシャル・インテグリティ(GFI)の報告書から明らかになりました。

ワシントンDCに拠点を置くこのシンクタンクは、2009年から2018年にかけて134の発展途上国におけるIFFsを分析し、この数字は現在、マラウイが2004年から2013年の10年間に失った金額の6倍に達していると述べています。

この金額は、2020年末時点のマラウイの輸入代金約20億ドルのほぼ3分の1を占めています。

また、7300億ドルを稼いだ2020年のマラウイの総輸出収入の89%に相当し、K8840億の財政赤字を抱える2022/23年度国家予算K2兆8400億の22.8%に相当する額である。

GFI報告書はまた、2020年にCovid-19のパンデミックが発生してから、犯罪、密輸、IFFの機会が増えたため、貿易の誤請求が高まったと述べています。

例えば、この危機は、税関の非効率性を利用する汚職職員、偽造者、密輸業者に新たな機会を提供したと調査結果は示しています。

報告書によると「政府が経済を維持するために大規模な財政刺激策を動員したため、これは、国から地方レベルへ迅速に移動する商品の購入注文の急激な増加を伴う典型的な緊急政府支出の大規模な爆発を意味した。」としている。

2022年マラウイ経済司法ネットワーク(Mejn)-税司法ネットワークアフリカ(TJNA)EURODADレポートによると、過去20年間にマラウイは3兆1千億ドル以上のIFFsを失いました。

GFIの報告書によれば、以下の通りです。
「貿易ミスボイシングとは、輸出入業者が国境を越えた不正送金、脱税、犯罪収益の洗浄、通貨管理の回避、オフショア銀行口座での利益隠蔽を目的として、税関当局に提出するインボイスの商品申告価格を意図的に改ざんすることを指します。輸出入の申告価格を過大評価したり過小評価したりすることで、トレーダーは不正に富を国際的に移動させます。国際貿易システムにおける商取引のための通常の支払の中に隠すことによって、国境を越えて富を不正に移動させる。」と伝えている。

マラウイは、先進国36カ国との貿易総額に占める平均値格差が28.5%と最も大きい国の上位5カ国にランクインしています。

シエラレオネは42.6%で最も高く、ガンビアが42.4%で続いています。

134カ国と先進国36カ国との貿易額格差の合計は8,350億ドルであることがわかりました。

金融サービス規制機関であるマラウイ中央銀行(RBM)のウィルソン・バンダ総裁は、レジーナ・ラムジャに照会したところ、回答にはもう少し時間がかかるとのことでしたが、集金人のマラウイ歳入庁法人サービスマネージャーのスティーブ・カポロマは、記者会見までに私たちの質問表に返答してくれませんでした。

しかし、マラウイのインテグリティ・プラットフォームのコーディネーターであるジェフ・カボンド氏は、電話インタビューで、マラウイにはIFFsに対処する明確な戦略がないため、反腐敗戦略がマネーロンダリングや脱税といった問題に適切に対処できていない、と述べています。

IFFsの調査に関する事柄は秘密に包まれているようで、そのため、IFFsを調査することは困難だとカボンド氏は述べました。
「そのため、国家機関がこの状況をどのように管理しているのか、説明責任を果たすことが難しいのです。さらに、犯罪カルテルはより巧妙になり、非常に複雑な金融取引を行っており、その一部は熟練した有力者によって支えられています。公職に就いている人々によって支えられているのです。」

金融情報機構(FIA)のコンプライアンス・広報担当のマサウツォ・エベレは、電子メールで次のように述べました。
「FIAとRBMは、報告機関への監督を強化しており、特に受益者団体の設立について述べている。FIAはまた、弁護士や不動産業者など、不正な資金の流れを可能にする者たちへの規制を強化した。また、弁護士、不動産業者、会計士など、不正な資金の流れを可能にする人々の規制を強化しました。これらの報告機関は、顧客の資金源の特定を含む徹底した顧客デューデリジェンスを実施するよう奨励されています。マネーロンダリング防止およびテロ資金調達対策(AML/CFT)要件の遵守を強化する一環として、現在、様々な形態の行政制裁が、遵守していない報告機関に課せられています。」

エベレによると、組織レベルでは、FIAは国内の法律事務所と覚書(MoU)を締結しています。

FIAは、国内の法執行機関(LEA)、報告機関の監督官庁、その他の政府監督機関、および他国の27の金融情報機関(FIU)と覚書を締結しています。

FIAが他のFIUから情報を得た場合、その情報を分析し、共同捜査や起訴に関するギャップを埋めるために使用したり、LEAに情報を提供したりすると説明しました。

経済、保健、教育の専門家は、個別のインタビューに応じ、マラウイがIFFsによって失うお金は、同国が直面している問題の大半を相殺するのに役立つと述べました。

マラウイ大学経済学部講師のベッチャニ・チェレニ氏はインタビューの中で、この金額は、現在不足している燃料や医薬品を購入するために外貨を必要としている経済にとって、大きな損失であると述べています。
「その上、これらの資源は課税され、政府が国内の重要な事柄に費やすことができるものである」と話している。

Mejnのバーサ・フィリ事務局長は、政府に対し、人的交流を避けるためのICTへの投資と、現在の不十分な移転価格の枠組み(共通の所有権または支配下にある企業内および企業間の取引価格のルールと方法)を見直すよう促した。

教育専門家のスティーブ・シャラ氏は、今週のインタビューで、この金額は、インフレと穏やかな切り下げを考慮しても、今後10年間、18,000人の新しい教師の給与を支払うのに十分であると述べました。

同氏によると、教育分野では440万台の机が不足しており、マラウイの小中学校の子どもたち全員が机に座れるようにするためには、K1760億が必要だとのことです。

シャラ氏は、「私たちが切実に必要としている中等教育機関を数百校建設することができるようになるのです。PSLCE試験に合格したスタンダード8の学習者のうち、中等教育機関への進学者はわずか38パーセントです。初等教育から中等教育への移行率を38パーセントから76パーセントに倍増させるためには、新たに1000校の中等教育機関が必要なのです」と話している。

保健専門家のマツィコ・マテンバ氏は、保健セクターの資金の大半がドナーからのものであり、世界的な資金調達難により予測不可能になっていることを考えると、こうした損失は残念なことであると述べました。

週間前に発表されたCovid-19資金の乱用に関するオンブズマン事務所による調査報告書によると、一部の管理官と国会議員の支出が、2021年2月のCovid-19対応計画のために財務省が放出したK170億余分の支出ラインを乱用したと報告書に記されていることが明らかになりました。

アフリカ連合・アフリカ経済委員会(AU/ECA HLP)の委託により、マラウイにおけるIFFsに関する調査が最近実施され、その結果の検証が先月リロングウェで行われ、IFFs対策としてマルチセクターのアプローチが採用されました。

報告書では、マラウイにおける主なIFFのリスク源が、貿易ベースのマネーロンダリング、汚職、詐欺、違法な外為化、投資奨励金、商品の密輸、税金犯罪、麻薬取引、人身売買であることが強調されています。

マネーロンダリング防止法の専門家である民間弁護士ジャイ・バンダは、以前のインタビューで、この状況は、IFFsを抑制するための対策を講じるのが遅々として進まないことに起因していると述べています。
「マラウイでの問題は、政府が対策を講じるのに時間がかかりすぎることです。私たちは保守的です。2000年にマネーロンダリング防止法の制定を言い出した人もいます。その時、政府は何もしなかった。法律を制定したのは2006年になってからです。」と伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください