マラウイで使用されるオクスフォード・アストラゼネカのCovid-19ワクチンは、国内で確認されている南アフリカからの変異種によって起こされる軽度、中度の症状に対して防止する効果が見られないという、新しい研究を科学者が公開した。

しかし、ラザルス・チャクウェラ大統領は、それでも国は更なる感染を防止を優先するべきだとしている。

アストラゼネカワクチンの有効性は50%から60%で、命を救うのには十分高いとも伝えている。
また、このワクチンは他のワクチンタイプよりも安いものであるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください