【マラウイニュース】マラウイでコレラワクチンが品切れ

Malawi runs out of cholera vaccine

2022年1月21日 | Nyasa Times

保健省によると、マラウイではすべての医療施設で290万人分のコレラワクチンを使い切ったという。
マラウイ政府は世界保健機関(WHO)に再度ワクチンの寄贈を要請しているため、同省はマラウイ国民に衛生管理を行うよう呼びかけている。
同省の広報官は、地元メディアの取材に応じ、この事態を認めている。
「コレラワクチンがないのは事実です。私たちは持っていたワクチンをすべて使いました。しかし、この病気との闘いを続けるにあたり、マラウイ国民全員に衛生を守るよう呼びかけたいと思います」と広報官は述べている。
この件に関して、保健活動家は、政府と非政府組織(NPO)に対し、国ができるだけ早くワクチンを入手できるよう、できる限りの努力をするよう要請している。
「ワクチンは非常に重要であり、政府はできるだけ早くワクチンが届くようにする必要があります。一方、人々はワクチンがないからといって安心せず、病気の蔓延を防ぐために常に清潔を保つ必要があります」と活動家は説明ている。

記録では、国内で881人がコレラで死亡している。
別の動きとして、ブランタイヤ地方議会保健局は、同地方でポリオの患者が確認されたことを発表している。

1月19日に発表された公式コミュニケ(保健社会サービス局長の署名入り)の中で、保健所は、ポリオの患者がンディラン・マトペ・タウンシップから確認されたと述べている。
サンプルは、保健所職員による積極的な監視の後、2022年12月に保健省に送られ、14歳の少女が関与しているという。
「現在、ブランタイヤDHOチームによる調査が進行中で、このケースの詳細を確定するために行われています。2022年に実施された戸別予防接種活動(SIA)では、対象となるすべての子どもにワクチンを接種することができたので、心配する必要はない、と同県は一般市民に知らせています。事務局は定期的な予防接種を強化し続けているため、1歳未満の子どもを持つすべての母親と養育者は、ポリオワクチンの推奨接種をすべて受けていることを確認するよう奨励します」と、コミュニケの一部で伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください