【マラウイニュース】マラウイが南部アフリカ諸国で初のトラコーマ撲滅を達成:WHO

Malawi becomes the first country in Southern Africa to eliminate trachoma: WHO

2022年9月22日 | Health Care Africa

世界保健機関(WHO)は、マラウイが公衆衛生問題としてのトラコーマを撲滅したことを認め、南部アフリカ諸国で初めて、アフリカで5番目の国として、このマイルストーンを達成した。

世界的には、マラウイは、ガンビア、ガーナ、モロッコ、トーゴなど、WHOによって公衆衛生問題としてのトラコーマを撲滅したと認められた他の14カ国と肩を並べる存在となった。
「調査後、WHOとパートナーの支援により、マラウイはトラコーマに対する取り組みを強化し、国家トラコーマ・タスクフォースを設立し、WHOが推奨するトラコーマ制御のためのSAFE戦略を実施しました」と、同機関は述べている。

また、国際保健機関は各国の保健当局と連携し、トラコーマの失明段階を治療する手術に関する中堅眼科医のトレーニングや、ファイザー社の寄付による抗生物質の大量投与の展開も支援している。

WHOは保健当局と緊密に連携し、顔の清潔さと個人の衛生を促進するための国民意識向上キャンペーンを実施し、関係者は地区レベルでの水・衛生・保健サービスの改善をサポートしている。

さらに、WHOはエリザベス女王のダイヤモンド・ジュビリー・トラストから多額の資金援助を受け、トラコーマとの闘いの躍進に大きく貢献したことを発表している。
「WHOは、マラウイの保健当局が以前トラコーマが流行していた地域を注意深く監視し、トラコーマが再発した場合に迅速に対応できるよう支援しています」と付け加えている。

WHOのアフリカ地域ディレクターは、マラウイの成果を認め、この壊滅的な病気の危険にさらされている何百万人もの子供たちの人生を変えるものであると述べている。

トラコーマは痛みを伴う晩期合併症を引き起こし、視力障害という生涯続く障害をもたらし、家族に大きな精神的、経済的困難をもたらすと説明している。
「マラウイが道を示したことで、アフリカ南部の他の流行国も、脆弱な人々に計り知れない苦しみを与える顧みられない病気との闘いに優先的に取り組むことを希望します」と、WHO事務局長は述べている。

マラウイが公衆衛生問題としてトラコーマを根絶することは、2020年の世界保健総会で承認され、最近発表された顧みられない熱帯病(NTD)のための2021-2030ロードマップが設定した2030年目標に向けた大きな一歩となる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください