【マラウイニュース】マラウイが世界の「法の支配」指数で140カ国中66位にランク

Malawi ranks 66 out of 140 in world Rule of Law Index

2022年10月28日 | Nyasa Times

ワールド・ジャスティス・プロジェクトの140カ国・地域のオリジナルデータによると、今年、法の支配の順守は61%の国で低下したが、マラウイは今年、法の支配指数のスコアが上昇した少数派の国の一つであることが明らかになった。

10月26日に発表された2022年WJP法の支配指数によると,法の支配は5年連続で世界的に低下し,大多数の国で権威主義の傾向といくつかの流行の圧力が続いていることが明らかになった。

報告書は,WJPのエグゼクティブ・ディレクターによると、「我々はパンデミックから脱却しつつあるが,世界的な法の支配の後退は続いている。法の支配の核心は公正さにあります。つまり、説明責任、平等な権利、万人のための正義です。そして、公平でない世界は、より不安定なものになるに違いないのです。
インデックスのデータは、行政権力に対するチェック機能の低下やメディアへの攻撃の増加など、パンデミック以前からの権威主義的な傾向が、世界的に法の支配を侵食し続けていることを示しています。しかし、COVIDの閉鎖によって司法制度が劇的に混乱し、政府が緊急権を行使して市民の自由を抑制し、透明性メカニズムを迂回した昨年に比べると、減少の幅や程度は小さくなっています」と伝えている。

マラウイについては、報告書によると、今年の指数では総合的な法治のスコアは1%未満増加し、世界140カ国中66位で、昨年より1つ順位を上げました。
「地域別では、マラウイはサハラ以南のアフリカ34カ国中、8位にランクされています。この地域のトップは、ルワンダ(世界140カ国中42位)、次いでモーリシャス、ナミビアです。この地域で最もスコアが低いのは、モーリタニア、カメルーン、コンゴ民主共和国(世界第137位)の3カ国です。」としている。

昨年、サハラ以南のアフリカでは34カ国中20カ国が低下し、そのうち15カ国は前年度も低下していたと報告されている。

低所得国の中では、マラウイは17カ国中2位となっている。

世界的に見ると、WJP法の支配指数2022の最上位はデンマークで、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、オランダと続く。
最もスコアの低い国はベネズエラで、次いでカンボジア、アフガニスタン、コンゴ民主共和国、ハイチとなっている。

WJP法の支配指数は、15万4千人以上の一般市民と3600人の法律家・専門家を対象にした綿密な調査をもとに、8つの要素から法の支配を測定する世界有数の独立した法の支配データ源となっている。

その要素とは 政府権限の制限、腐敗の欠如、開かれた政府、基本的権利、秩序と安全、規制の執行、民事司法、刑事司法である。
各要素のスコアを平均して、各国の法の支配の総合スコアを割り出す。
今年、世界的に最も低下したのは、権威主義の台頭と長期的な法の支配の衰退に関連する指数の要素だった。
今年、基本的人権の尊重は3分の2の国で低下している。
司法、立法、メディアによる監視など、政府の権力に対するチェック機能は、今年58%の国で低下している。

この報告書によると、「今年の世界的な減少の主な要因は民事司法であり、パンデミックに関連した遅延、執行の弱体化、民事司法制度における差別の増加が主な要因である。 この要因のスコアは、今年、61%の国で低下しました。
このインデックスは、政策立案者、市民社会組織、学者、市民、法律の専門家などに最新で信頼できる情報を提供し、政策改革を促し、プログラム開発の指針とし、法の支配を強化するための調査に情報を提供することを目的としています。
WJPは独立した学際的な組織であり、世界中で法の支配を推進するための知識を創造し、認識を高め、行動を喚起するために活動しています。効果的な法の支配は汚職を減らし、貧困や病気と闘い、大小の不公平から人々を守ります。それは開発、説明責任のある政府、基本的権利の尊重を支え、正義、機会、平和の共同体の基礎となるものです。」と伝えている。

ワールド・ジャスティス・プロジェクトは、法の支配を、説明責任、公正な法律、開かれた政府、利用しやすい正義を実現する、法律、制度、規範、コミュニティの耐久性のあるシステムであると定義している。

これらの4つの普遍的原則とその活動についての詳細は、www.worldjusticeproject.org を参照して頂きたい。

サハラ以南のアフリカ地域で測定された国・地域は以下の通り。
アンゴラ、ベナン、ボツワナ、ブルキナファソ、カメルーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ケニア、リベリア、マダガスカル、マラウイ。マリ、モーリタニア、モーリシャス、モザンビーク、ナミビア、ニジェール、ナイジェリア、コンゴ共和国、ルワンダ、セネガル、シエラレオネ、南アフリカ、スーダン、タンザニア、トーゴ、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ。

低所得国および管轄地域は、アフガニスタン、ブルキナファソ、コンゴ民主共和国、エチオピア、ガンビア、ギニア、リベリア、マダガスカル、マラウイ、マリ、モザンビーク、ニジェール、ルワンダ、シエラレオネ、スーダン、トーゴ、ウガンダとなっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください