【マラウイニュース】マラウイがアフリカ諸国との貿易を改善

Malawi improves trade with Africa

2022年9月2日 | THE NATION

マラウイとアフリカ地域の他の国々との貿易は年々改善されており、現在ではアフリカ域内貿易の32%をマラウイが占めているという統計がある。

今週発表されたブルッキングス研究所アフリカ成長イニシアティブの調査によると、マラウイは32%で、パフォーマンスが向上した13カ国中7位に位置し、エスワティニがアフリカ域内貿易の85%のシェアを占めているという。

これは、マラウイの人々が貿易によって収入を得る機会が時とともに改善されてきたことを意味し、アフリカ域内の貿易が少ないという以前の説明やデータを覆すものである。

「アフリカ域内貿易の意義:物語を正しく理解する」と題されたこの調査は、アフリカ域内貿易の発展と進歩を追跡しており、アフリカ諸国間の貿易は概して上昇し、一般に考えられているよりも大きな経済的意義を提供していることが示されている

報告書の一部によると「アフリカ域内貿易が低迷しているという印象は、アフリカ域内が長年にわたり16%と最小であることを示すものであり、見直しが必要である。現在、アフリカ諸国、特にマラウイのような小規模で内陸に位置し、より開放的な経済圏は、大陸間貿易(輸入+輸出)への依存度が他より著しく高く、アフリカ域内貿易を向上させています」としている。

しかし、この調査によると、アフリカの地域内貿易の平均は、アフリカ大陸の経済規模の大きい国、特にエジプト、ナイジェリア、そしてアフリカ内貿易で最も高い割合を占める南アフリカ共和国に引きずられていることがわかる。

本報告書はさらに、アフリカ大陸自由貿易協定(AfCFTA)がアフリカ域内貿易の成長を促進する重要な要因であることを強調している。

マラウイ経済は農業を基盤としており、農産物が輸出全体の約80%を占めるなど、同国の輸出バスケットの大部分を占めている。

マラウイ大学経済学部の准教授は、昨日のインタビューで、マラウイは外貨獲得のための貿易を拡大するために、輸出品と国内生産の多様化が必要であると述べている。
「これは、私たちがより多くのことを行い、地域内で利益を得ることができることを示すものです。貿易条約や政策により、地域の仲間との貿易を増やし、製品ポートフォリオを多様化することが必要なのです。」と話している。

貿易産業省は、マラウイAfCFTA国家戦略の中で、AfCFTAを通じて9億4300万ドル(K9630億)の輸出市場を開拓する可能性があると述べたことが記録されている。

この戦略は、2026年までにアフリカ域内貿易の輸出を増加させ、グローバルな貿易ネットワークを構築するために、マラウイにおけるAfCFTAの効果的な実施を支援することを目的としている。
また、マラウイAfCFTA国家戦略は、この貿易協定を通じて、ComesaとSadc以外の輸出市場を拡大する可能性があることを示している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください