【マラウイニュース】マイナス成長はもはや不可避

Negative growth now inevitable

2022年9月17日 | THE NATION

マラウイ雇用者協議会(Ecam)は、企業の人員削減が進んでいると述べています。
マラウイ商工会議所連合会(MCCCI)によると、生産能力稼働率が急激に低下しています。

マラウイ中央銀行(RBM)が今年5月に政策金利を12%から14%に引き上げたため、借入金がより高額になり、投資はおろか、消費に回せる額もかなり少なくなっています。

実際、今年7月時点の最新のヘッドラインインフレ率(前年比)は24.6%で、インフレ率を10.6ポイント下回っている政策金利は、物価上昇に対応するためだけでも上昇することが必至です。

これは、民間部門をさらに圧迫し、生産高を押し下げることになる。食品インフレ率は32.5%、非食品インフレ率は17.5%とほぼ倍になっており、先行きはあまりよくなさそうだ。

明らかに、ソステン・グウェングウェ財務経済相が2月に発表した最初の予算は、計算不足で、ナイーブなものでさえあった。

当時、グウェングウェ大臣は、教育、食品、宿泊、輸送、建設、卸売・小売部門の拡大に支えられ、2022年には4.1パーセントに達する成長率を維持すると予測していました。
今年の予測は、昨年の国内総生産(GDP)成長率3.9%をわずかに上回り、2020年には0.8%と2011年の不況以来最も低い成長率になるとのことです。

この成長率の上昇は、マラウイを含む世界各国が感染抑制のために集団予防接種を開始し、Covid-19の予防措置が緩和されたことを背景にしたものです。

そのため、ラザルス・チャクウェラ政権は、この楽観的な見方をもとに、より高い成長率を実現することを期待していました。
しかし、今年6月までにRBMは戦争に目をつけ、今年の生産高成長率予測を4.1%から1.7%に大幅に引き下げました。

鉱業・採石業、宿泊・飲食サービス業、運輸業、卸売・小売業、医療、農業、電気・水道・ガス、製造業が、昨年の3.9%の成長の主な原動力となりました。

しかし、今年は、これらの部門が、景気を後退させる可能性があるのです。

例えば、電気・ガス・水道部門。 2019年の7.9パーセントから2020年の4.7パーセントに減少した後、2021年にこのセクターは主に機械のリハビリ、太陽光発電所の試運転、そして全国グリッドに80メガワットを追加したテザニ水力発電所の開所により3.6パーセント成長したと、2022マラウイ政府経済報告書は述べています。
水関連分野では、世界銀行がコビド19の大流行からの回復を支援するために250万米ドルの資金を提供したため、生産が増加しました。

このセクターはまた、提案された関税の調整が承認され、無収水量が53%から平均41%に減少する見込みであることも寄与していると報告書は述べています。

しかし、今年、この部門は混乱に陥り、電力網の電力は82メガワット(国内で利用可能なはずの電力のわずか20%程度)まで低下し、ほとんどの生産者が操業停止に追い込まれました。
水道局の送水は電力に依存しているため、その供給能力は大きく損なわれています。

国の電力網は最大でも256メガワットしか供給できず、収益を圧迫しています。

すでにマラウイ電力供給公社は債務超過に陥りかけており、パワー・マーケット社とエナジー・ジェネレーション社も収益が減少しています(彼らはマイナス成長の領域にありますが、電力セクターの4.9%の成長を支える主要なプレーヤーです)。

製造業は、Covid-19の縮小によりサプライチェーンが改善され、企業が生産に不可欠な原材料を輸入できるようになるという想定で、昨年の4.3%から2022年には4.7%成長すると予測されました。

しかし、政権がパンデミックを収束させた一方で、停電により生産が中断され、生産努力は挫折しています。
また、ディーゼルエンジンによる発電機で、高い運転コストをかけながらも生産を維持してきましたが、燃料不足のため、この高価な代替手段も危うい状況です。
さらに、外貨不足のため、企業は原材料の輸入が難しくなっています。
現地で調達した原材料でさえも、挫折を余儀なくされている。
農業を基盤とする経済であるため、ほとんどの製造業は国内で調達した原材料を農業部門に依存しているが、今年の農業生産性の低下により、製造に必要な投入資材の入手性が低下している。
製造業は、このような複数の問題によって負った傷から出血しているのだ。

建設業も製造業と同じような運命にあり、特に原材料のほとんどは輸入品であり、マラウイに持ち込むためには外国為替と円滑なサプライチェーンが必要です。
これが大きな課題となっています。
そして今、この分野の原動力である燃料が不足しているため、今年の建設業界は最悪の事態になることが予想されます。
同様に、輸送や保管サービスにおいても、この終わりのない燃料待ちの行列にはほとんど期待できないでしょう。
卸と小売りは、為替不足だけでなく、実質所得が減少する中で商品やサービスの価格が高騰し、消費マインドが急落していることにも悩まされています。

そして、最も影響力のある農作物や家畜の生産部門が、記録的な肥料価格と神のみぞ知る気候上の大災害に喘いでいる現状には、まだ触れていない。

残念ながら、今年はマイナス成長の年である。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください