【マラウイニュース】ペトローダ・サービス・ステーションが携行缶を持参した者に燃料を販売したために閉鎖

Petroda Service Station closed for selling fuel to people with jerrycans

2022年10月20日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制局(MERA)は、リロングウェのサリマ分岐点ペトロダ給油所において、給油係が携行缶を持った客に燃料を販売し、追加料金を要求していたことが発覚し、給油所を閉鎖した。

この事態は、MERAが最近発表した、携行缶を持った顧客への燃料販売は禁止され、燃料大量購入許可証を持つ顧客にのみ許可されるという燃料サービスステーションの発表に続くものである。

しかし、MERAは、最高経営責任者の署名入りの書簡で、リロングウェのサリマ分岐点ペトロダ給油所の係員が、携行缶を持った客に燃料を販売していたと報告している。

本誌が確認したところ、この係員は、携行缶入りの燃料を求める客に過剰な料金を支払い、チップを要求していたようで、規制当局は、これは液体燃料とガス(製造と供給)法に反するとしている。
「サリマ分岐点ペトロダ給油所に寄せられた苦情は、給油係がジェリカンで給油し、客から余分に金を徴収していたとのことです。したがって当局は、液体燃料とガス(生産と供給)法第23条と液体燃料とガス(生産と供給)規則第11条に従い、リロングウェ-サリマ間のペトロダ給油所での販売を直ちに停止するよう指示します」と書簡の一部で伝えている。

MERAによると、サービスステーションでの販売停止は10月19日から14日間有効となり、サービスステーションの再開は、不正行為の再発を防ぐための措置が十分に実施されることを条件とするという。

これは、MERAがリロングウェのマレー・トータル・サービスステーションを閉鎖し、係員が燃料価格を過大請求していたことが発覚した数日後のことである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください