【マラウイニュース】ブランタイヤ水道公社が水不足について説明

BWB explains water shortage

2022年11月17日 | THE NATION

ブランタイヤ水道公社(BWB)は、商業都市における最近の断続的な水の供給は、チレカ・ポンプステーションにある主要ポンプの1つの故障が原因であると発表した。

この水不足は、ブランタイヤだけで668人が感染し、26人の命を奪ったコレラの発生に対処している最中に起こったものである。

14日にポンプ場を視察した後、メディアに対してブリーフィングを行ったBWBの技術サービス部長は、当初、何が問題を引き起こしているのか見当もつかなかったと述べている。
「調査を開始したところ、モーターは動いているだけで、ポンプは機能していないことが判明しました。」と話している。

さらに、技術サービス部長は、破壊行為が大きな課題の一つであると嘆いている。

ムランジェのムクワイラ村でパイプが破壊され、ブランタイヤ市に1日1万立方メートルの水を供給しているムランジェ・リクブラ給水システムから、顧客に水を供給することができなくなったと述べている。

チロブウェに住む住民は、2週間近く水道が通っていないため、BWBにこの問題に早く対処するよう求めている。
「私たちは、飲み水を確保するために長い距離を歩いています。チロブウェでは、ソシェ山から汲んだ水を売っている人もいます。私たちは、そのような水が安全でないことを心配しています。」と話している。

コレラの発生を防ぐため、ブランタイヤのすべての水道キオスクが稼働できるよう、9月にBWBは水道キオスクによるプリペイドメーターの滞納金の引き落としをすべて停止している。

この決定は、一部の水道キオスクが、その水利組合が水トークンの購入時に滞納金の返済を怠ったために稼働していないとの報告を受けたものである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください