【マラウイニュース】ブランタイヤ・ダービーのチケット販売開始

Blantyre derby tickets hit market

2022年9月21日 | THE NATION

土曜日のFDHバンク・カップ準決勝、宿敵マイティ・ムクル・ワンダラーズとニアサ・ビッグバレッツのリロングウェのビング・ナショナルスタジアム(BNS)での前売券が月曜日に市場に出回った。

昨日、マラウイ・サッカー協会(FAM)が発表した声明では、商業およびマーケティング・ディレクターのリンバニ・マトラが署名し、通常のチケットはK3000、試合当日はK4000の値をつけると述べている。

VIPチケットは1枚K10,000で販売されており、試合当日の観客はさらにK2,000を支払うことになる。

コーポレートボックスの快適な座席はK15,000、試合当日はK20,000に設定されている。

声明は以下の通りである。
「私たちは、この試合がいつも多くのファンで賑わうことと同義であることをよく理解しています。我々は、この爆発的な試合を目撃するために、多くの人々がBNSに来ることを期待している。したがって、我々は、安全性とセキュリティ、アップグレードされたファンの経験と収益の最適化を確保するためにいくつかのイニシアチブを入れている」

FAMによると、前売り券の販売窓口は今週の金曜日に締め切られる。

声明はさらに次のように述べている。
「これによって、ファンは自分の都合に合わせて試合当日のチケットを事前に購入することができるようになります。チケットは、ファンが愛するチームを観戦し、応援できるよう、競争力のある価格設定になっています。FAMはさらに、前売りチケットの割引特典を提供することで、ファンにとってお得な価格を保証しています。」

リロングウェの販売拠点は、以下のサービスステーションである。
エリア25サナ・ショップ、カネンゴ・プーマ、エリア18プーマ、シティセンター・ブルーウェーブ・プーマ、ムボエ・プーマ、モーラ・プーマ、カフォテカ、カファレエネジェム、エリア23、ビウィトライアングルでのウォーカーズトータル、リクニエネジェムとなっている。

その他のポイントは、アクレス・ゲートウェイ・モールの向かいにあるBNSとMICIハードウェアである。

ブランタイヤでは、リンビ・マーケット・トータルとンディランで・エナジェンのサービスステーションで販売されている。
また、ブランタイヤとリロングウェにあるFDHバンクの支店でも購入することができる。

FAMは、選手、ファン、財産の安全性を高めるため、特別な措置を講じたとしている。

声明には次のように書かれている。
「我々は、警察とスチュワードの努力を支援するために、2つの民間警備会社と契約しています。ビング国立競技場の管理者と協力し、スタジアムへのアクセスポイント(ゲート)を増やしている。私たちは、ムタンディレ側から来る自動車のために追加のゲートを開き、ファンのために両側に追加の2つのアクセスポイントを開いています。これは、スタジアムへのアクセスポイントが2倍になったことを意味し、スタジアムに出入りする際の混雑を効果的に緩和しています。」

BNSのマネージャーは、昨日、国内サッカー界で最も人気のある試合を開催できるよう、施設の最終仕上げに取り掛かっていると伝えている。

CAFチャンピオンズリーグ予選ラウンドの1stレグ、バレッツ対シンバ・スポーティング・クラブの試合では、一部のファンが無理やりスタジアムに侵入して損害を与えたが、スタジアム・マネージャーは、その対策に取り組んでいると述べている。

「我々は、金曜日までにすべてが整うように、ダメージを受けたエリアを修復するためのリソースを得るために働いている。」とマネージャーは話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください