【マラウイニュース】ブランタイヤの駐車場地獄

The hell that is parking in Blantyre

2022年10月30日 | THE NATION

お客様と私は、時間に追われていた。
私は、午後4時半のバスに乗り遅れないように、彼をバス・ターミナルに急がせなければならなかった。
しかし、その時、私たちは無作法にも敷地内に入ることを禁じられた。

「もうすぐバスが来るんだ。そのため、駐車場には入れません」と、熱っぽい女性警備員が言った。

その代わり、渋滞する行き止まりの道路に案内された。
そのうちに、その部分は前にも後ろにも進めないほどの大混雑になった。
そうこうしているうちに、バスが近づいてきたが、渋滞に巻き込まれて、せっかく熱烈な女性警備員が「不要な」交通から守ってくれたスペースまで、非常にゆっくりと進むことになった。

私は、「なんという接客態度なのだろう」と思った。
マラウイで顧客サービスというものがあるとすれば、これは違う。
ジャンプしろ」と言われたら、「なぜだ」と答えるな。
「どれくらい高く飛んだらよろしいでしょうか?」と答えなければならない。
しかし、このバスのターミナルでは、お客さまはあらゆる拷問を受けていたのです。

私は、自分もお客もゲートの警備員もかわいそうだと思ったが、それ以上に、バスの運行会社がかわいそうだった。
ブランタイヤの中心街には駐車スペースが少ない。
いや、ブランタイヤの中心街を行き交う多くの車が駐車スペースを激しく奪い合っていることを考えると、彼らは非常に厄介な状況に置かれていたのだ。

私が初めてブランタイヤに来た1979年当時は、車は指で数えられるほど少なく、ドライバーは好きなところに駐車していた。
それ以来、車の数は50倍に増えたが、駐車可能なスペースは基本的に一定である。
現在では、日中の都心で空いている駐車場を見つけるのは、ほとんど不可能に近い。もし、誰かを迎えに行くとき、その人が約束の時間に来なければ、駐車スペースがないために、どこかのルートをぐるぐると走り回ることになるのを覚悟しなければならない。

さらに、都心で活動する多くの企業は、通常、スタッフのために特定の駐車場を確保しているという事実が、この状況をさらに悪化させています。
そのため、駐車場にはプラスチック製のビーコンが設置され、迷い込んだドライバーに駐車禁止を警告している。
ブランタイヤで車を走らせるのは、もう楽しいことではない。

モガディシュが軍閥に支配されているように、ブランタイヤは駐車場支配者たちに支配されている。
一般市民は、通常の勤務時間内であれば、ビジネス街の中心部では全く見知らぬ人である。
週末には多少緩和されるが、月曜日にはまた駐車場経営者が支配する。
それが毎週、毎週、続く。

こんなことがいつまでも続くわけがない。
私たちは、都市の悲惨な混雑を解決する恒久的な方法を見つけなければならない。
そこで、私は、不動産開発業者に駐車場の建設を義務付けることを条例で規定することを提案したい。
駐車場は敷地に付属していなければならない。
街の中心部にあるすべての商業施設は、建物の中に駐車場を設けなければならない。
おそらく、他の場所に駐車場を設けることができない場合は、地下に設置することになるだろう。
建物内に駐車スペースを確保しない限り、新しい建築物は認可されるべきではありません。
既存の建物については、所有者は一定の期限までに駐車場を後付けするよう要求されるべきです。
技術者たちは、このような改修のために、実現可能で比較的安価な設計をするよう挑戦する必要がある。
彼らは、そのような限界まで引き伸ばされることを好み、現代のマラウイの課題に対する解決策を生み出すために、その機知に富んだ頭脳を使うことをためらわないだろうと私は確信しているのです。

最近、ブランタイヤの中央ビジネス地区には駐車場がないので、行くのを避けている。
中央ビジネス地区以外の場所で仕事ができるのであれば、喜んでそうしますし、中央地区は駐車場業者に任せています。

私たちの問題を解決する方法は、火星や銀河系からやって来るわけではありません。
私たちは、私たちの人的資源と条例の中から、そのような解決策を考え出さなければならないのです。
このまま駐車場経営者に都心を支配させ、一般ドライバーを不要な籾殻のようにしておくわけにはいかないのは明らかだ。
このままでは、状況はさらに悪化する。
だからこそ、混雑を解消するための計画を今すぐ実行に移す必要がある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください