【マラウイニュース】デッザ市の小学校でコレラのため授業停止

Classes at primary school in Dedza suspended due to cholera

2022年11月22日 | Malawi 24

教育省は、コレラの発生により生徒1人が死亡し、数人が医療施設に収容されたため、デッザ県のムランベ小学校の一時閉鎖を認めた。

教育省の広報官は、コレラの発生は複数のセクターにまたがる問題であり、他の学習者や教師、地域社会をこの致命的な疫病から守るために、授業や学習を迅速かつ一時的に停止するよう勧告したと、この事態を認めている。
「現状では、全国の学校の閉鎖を正当化するものではありません。同省は、高い数値が確認された学校での授業と学習を停止する予定です。学校給食プログラムは通常通り行われますが、この大流行を食い止めるために、コレラの高い症例が確認された学校への給食は再び中止されます。また、同省は、適切な改善策を講じるために、何人の学習者と教師が影響を受けたかを知り、理解するためのデータを収集している」と付け加えている。

「私たちは、すべての関係者、保護者、生徒、周辺コミュニティに、私たちのプレスリリースを遵守するよう強く求めます。」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください