【マラウイニュース】デッザのコミュニティが魚の保護に動き出す

Communities in Dedza move to protect fish

2022年9月5日 | THE NATION

デッザ県の漁師たちは、伝統的指導者たちと協力して、マラウイ湖の魚を保護するための条例を制定した。

この条例は、地方漁業管理局を通じて策定され、違法な漁具の使用を禁止し、漁場の汚染を減らし、乱獲をチェックすることが期待されている。

マラウイ湖の持続可能な生活のための漁業の回復(Refresh)プロジェクト担当者は、金曜日、漁民、伝統的指導者、デッザ県議会の代表者との県議会の席上で、漁業管理計画を策定するよう漁業コミュニティに要請した。
「管理計画を策定した後、漁業組合は漁業法やその他の規則に基づいて、漁業組合規約を作成することになります」と述べている。

担当者は、今年末までに、地元の漁業管理当局が漁業局長と管理協定を締結する必要があると伝えている。

デッザ漁業協会の会長は、漁業管理計画と付則の調印を歓迎し、長い間、漁師は持続可能な漁法に従っていなかったと述べている。
「マラウイ湖の乱獲は、この地域の漁業コミュニティの生活を脅かしています。この条例により、魚が保護され、漁業が維持されるでしょう」と話している。

デッザ県漁業担当者は、湖の魚を保護するために、条例を遵守するようコミュニティに要請している。
「繁殖期における漁業、汚染、生息地の損失、気候変動の影響など、魚が絶滅の危機に瀕しているという問題があります。もし、条例がなければ、将来の世代は魚の資源を手に入れることができないのです。」と彼女は伝えている。

漁業管理計画策定のための協議は、USAIDが資金提供し、Pact Malawiが同県で実施している「マラウイ湖における持続可能な生活のための漁業回復プロジェクト」の支援を受けて実施されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください