【マラウイニュース】チリマ副大統領に辞任のプレッシャー

Chilima under intense pressure to resign following hard hitting graft report

2022年6月22日 | Nyasa Times

サウロス・チリマ副大統領は、汚職王と呼ばれるズネス・サッタル人物から金品を受け取ったとされる政府高官のリストに名前が載り、辞任への強い圧力にさらされている。

ラザルス・チャクウェラ大統領は、火曜日の夜、悪名高いサッタル・リストの報告書に、チリマ氏以外の閣僚の名前はなかったと語っている。

彼は、反汚職局(ACB)の汚職報告書について、マラウイ国民に演説している。

大統領はそれ以来、この問題が調査されるまで、副大統領に委任された職務を停止させたという。

チリマ副大統領は大統領選挙期間中、「モラルの退廃とマインドセットの変化」についての公開講義を引き合いに出して、道徳のハードルを非常に高くしていた。

しかし、マラウイの人々は、この問題についての円滑な調査のために道を開くのに、チリマ氏に身を引くことを求め、様々なソーシャル・メディア・プラットフォームで取り上げている。

副大統領は、サッタルの汚職資金から利益を得たかもしれないとする英国の別の報告書にも名前が挙がっている。

ACBの報告書によると、2017年から2021年の4年間、マラウイ警察庁とマラウイ国防軍は1億5000万米ドル以上の16の契約をサッタルに所属する5社に発注している。

また、合計53人の公務員と元公務員がサッタル氏から金銭を受け取ったとされ、民間企業、メディア、市民社会、法曹界の別の31人の個人もサッタル氏から金銭を受け取り、同局のリストにある人物は合計84人となったとしている。

ACBの報告書によると、2021年にサッタル氏から金銭を受け取ったとされる84人のうち、実業家との取引において汚職的な行為を行ったと結論づけるほど広範囲に調査された者が13人いるとのことである。

「この13人のうち4人は、副大統領、マラウイ警察庁の監察官、公邸の首席補佐官である」と、報告書で伝えられている。

「同局は、2021年にサッタル氏から金銭を受け取ったとされる84人以外にも、彼の仲間が2008年から2020年までにサッタル氏から金銭を受け取ったとされるすべての人の記録を保管していたことを発見したが、この情報を含む14冊の元帳から見つかった人の名前は報告書には一切含まれていない 」と報告書の一部で伝えている。

報告書によると、サッタル氏の仲間から押収された帳簿には、国内のすべての主要政党の政治家への献金が含まれているという。

ラザルス・チャクウェラ大統領は、ズネス・サッタル氏の汚職は深く根付いており、それは多くの分野に影響を与えていると述べている。

報告書によると、マラウイ国防軍(MDF)、マラウイ警察、マラウイ放送(MBC)、マラウイ歳入庁(MRA)、大統領・内閣府、副大統領府、反汚職局(ACB)、司法、財務省、情報省、観光省、国土保全省の公職者が2021年3月から同年10月にかけてズネス・サッタル氏から賄賂を受けていた疑惑があるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。