【マラウイニュース】チャクウェラ氏が反汚職キャンペーンを開始

Chakwera Launches Anti-Corruption Campaign

2022年7月26日 | Malawi Voice

ラザルス・チャクウェラ大統領は、火曜日、20週間の汚職撲滅キャンペーンを開始し、「汚職は我々の最大の敵であり、ここでは歓迎されない」というメッセージを広めるよう市民に呼びかた。

ブランタイヤで開催された2日間の全国汚職防止会議の終わりに、チャクウェラ大統領は、マラウイ国民がこの言葉を毎回口にすることで、汚職に対する感情と決意を表明しているのだと述べている。
「この言葉を口にするたびに、私たちは汚職についてどう考えているのか、そしてそれに対して私たち自身が何をすべきなのかを周囲に知らしめることができるからです。私たちにとって汚職は、チャンスでも不便でも迷惑でもなく、最大の敵であり、私たちを傷つけ破壊しようとする敵、私たちが憎み、嫌い、軽蔑する敵なのです」とチャクウェラ氏は伝えている。

政府、企業、市民社会、家庭のすべての人がこのような態度をとり、国のモラルをリセットしなければならない、と話している。
「もし、私たちが今後20週間、そしてそれ以降もこの姿勢を貫くならば、私たちの中にいる汚職撲滅の勝者は、恐れることなくこの戦争を遂行することができるでしょう。もし、私たちがこのような国民的態度をとるならば、汚職防止局は、私たち全員がACBの成功を望んでいるという確信を持って、あらゆる汚職事件を追求することができるのです。もし私たちがこのような国民的態度をとれば、財政警察、マラウイ歳入庁、金融情報庁といった他の汚職防止機関も、私たち全員がこの敵を倒すことを望んでいると知っているので、安心して仕事をすることができます」と大統領は述べている。

そして、ACBの事務局長が、汚職との闘いにおける国民の関与のレベルを向上させるために素晴らしい仕事をしていることに賞賛を送っている。
「このような状況を作り出したのは、ACB局長の強い情熱です」と大統領は話している。

反汚職局局長は、汚職との闘いにおいて、大統領に正しい見解を示してもらう必要があると述べ、この会議で、また大統領が資源面で同局に提供する支援を通じて、それが十分に示されたと伝えている。

局長は、法務局は、法務省による正しく正当な政策の指示と、警察、金融情報局、検察庁などの姉妹機関からの支援と適切な協力が必要であると述べている。

しかし、局長は、汚職に取り組むことが他人にとって不快だからといって、その任務を無視したり、明らかな汚職事件を無視せざるを得ないような、いかなる方面からの強要も受け入れないと述べている。
「政治的な目的のための道具として使われるような圧力に屈することは、その圧力がどこから来るかにかかわらず、局としてはありえないことです。局は、私たちが取り組んでいる現在の状況を作り出した原因である、効果のないことが証明された反腐敗戦略、アプローチ、方法に手足を縛られることを許さないでしょう」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください