【マラウイニュース】チャクウェラ大統領に退陣まで5日間を提示

Chakwera Given 5 Days to Step Down

2022年8月3日 | Nyasa Times

政治的免責に反対する行動ネットワーク(API)の旗の下にある市民社会組織(CSOs)は、マラウイ大統領ラザルス・チャクウェラ氏に、選挙公約を果たせなかったとして5日間での退陣を最後通牒として与えた。

この最後通告は、火曜日にブランタイヤで行われたチャクワラ大統領の反大統領デモの中で行われ、数百人の平和的なデモ参加者が、カムズ・アッパー・スタジアムからブランタイヤ県委員会事務所まで行進し、嘆願書を提出した。

AIPとコンサーンド・シチズンズの代表は、ブランタイヤ地方議会の管理部長を通じてチャクウェラ大統領に嘆願書を提出した後、大統領には辞任するか国民投票を要求するかの2つの選択肢しかないと述べている。
代表は、大統領の辞任を求める主な理由として、高レベルの汚職、縁故採用、選択的司法、貧弱な経済政策、高い生活費などを挙げている。
「我々は、チャクウェラ大統領に5日間の猶予を与え、辞任するか国民投票を要求しているが、それができなければ、人々を動員して州庁舎で座り込みをとるつもりだ。大統領と彼のトンセ同盟政権は、マラウイ人を無惨に失望させた。マラウイの人々は、彼の嘘と空約束のために、大統領への信頼を失っている。」と話している。

チャクウェラ大統領は、2020年6月の大統領選挙キャンペーンで、2年後に国民の期待に応えられなければ辞任するとマラウイ国民に約束した記録が残っている。
しかし、政府報道官は最近メディアに対し、チャクウェラ大統領は「国を立て直すのに忙しい」ため辞任できないと語っている。

情報大臣でもある報道官によると、国を立て直すという任務は2年ではできないという。
APIは、民主経済開発イニシアチブ(CDEDI)、汎アフリカ教育ネットワーク(PACENET)、懸念する市民、民主監視センター(DCW)、ムズズおよびカロンガ青年会議所、および人権活動家数人から構成されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください