【マラウイニュース】チャクウェラ大統領がカバザ事業の規制を求める

Chakwera wants kabaza business regulated

2022年8月16日 | THE NATION

ラザルス・チャクウェラ大統領は、交通事故を減らすために、カバザとして親しまれているオートバイタクシーの規制を開始する必要性があると述べている。

16日にリロングウェのカムズ中央病院(KCH)の整形外科を視察した後、同病院の症例の75%がカバザの運転手が関与した交通事故の結果であることは悲しいことだと話している。
「これは悲しいことです。というのも、私たちがこれを合法化し始めたとき、(一部の)人々はこれを誤解し、政治的発言であると考えたからです。『そんなものはいらない』と言っていたのに、もっとうまく処理すべきだったことの代償を払うことになった。」と話している。

最近、運輸公共事業大臣が国会で、カバザの事業者にまつわる課題を発表している。
「2014年、国はオートバイが関与する71件の事故を登録しました。しかし、2015年に入り、その様相は劇的に変化しました。それ以降、2014年から2021年の間に90%まで相対的に増加している」と伝えている。

国会運輸委員会の委員長は、この状況に対処することが急務であると述べている。

彼は、委員会がこの問題に関して関係者を巻き込んできたと話している。
「カバザ事業は、一部の人々の生計の源であることはお分かりでしょう。人々の経済活動を向上させる必要がある一方で、このビジネスに伴うリスクを確実に排除する必要があります」と、大臣は述べている。

KCHに滞在中、大統領は、2021年に12台の透析装置が設置され、中部と北部の人々にサービスを提供している病棟も訪問している。
「KCHとクイーン・エリザベス中央病院にはありますが、北部地域にはそのような施設がないため、多くの人がこのサービスを受けるためにわざわざチティパまで行かなければならないのです。」と伝えている。

保健大臣は、病院は47人の血液透析患者に対応しており、46人が慢性透析、1人が急性透析の治療を受けていると話している。
「約100人の患者が保存的治療(非透析治療)を受けています。腎臓病は、我が国に影響を及ぼしている主要な公衆衛生問題の1つです」と彼女は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください