【マラウイニュース】スタンダード・バンクが温室栽培にK2350万を投資

Standard Bank invests K23.5m in greenhouse farming

2022年8月13日 | Nyasa Times

スタンダード・バンクは、リロングウェのカムズ国際空港近くにあるイノセリアのGGL農場において、2つの温室とトレーニングセンターにK2350万を投資した。

この施設は、周辺地区の小規模野菜農家の研修に使用され、スタンダード・バンク社、農業投資グループであるイノセリア、グリーン・ベルト・オーソリティ (GBA)の戦略的関係の一部となっている。
「スタンダード・バンクは、食料安全保障、所得創出、企業成長に貢献するため、農業部門においてパートナーシップを築くことを意図的に行っています。気候変動が従来の農業のやり方を覆す中、スタンダード銀行は農民のスマート農業への適応を促進し、農業部門の持続可能性を生み出すことに注力しています。温室栽培は、零細農家が狭い面積の中で作物の種類を増やし、雨水農業に全面的に依存しないため、栽培期間を延長するのに役立つと確信しています。温室では、さまざまな技術を使って気温を安定させ、植物にストレスを与えず、早い時期から強い生育を促すことができます。そして、作物に対する外部からの脅威を最小限に抑えることができるのです」と話している。

農業大臣は、園芸は零細農家にとって重要な収入源であり、スタンダードバンクが最近、農業部門をサポートするために再配置されたことを評価している。
「銀行は、これまで農家への融資支援に消極的でしたが、スタンダード・バンクで起きていることは、急進的な変化であり、非常に刺激的です。農業部門は、マラウイの開発を促進するためのイニシアチブの実施を通じて、銀行の情熱から多くの恩恵を受けています」と述べている。

イノセリアのマラウイ・カントリーディレクターは、園芸の技術移転を通じて零細農家に利益をもたらすと、スタンダード・バンクのユニークな企業の社会的責任へのアプローチを称賛している。
「私たちは、スタンダード・バンクとパートナーシップを組めたことを幸運に思います。スタンダード・バンクのCSRのビジョンと社会的コミットメントは、イノセリアや農務省のビジョンと一致し、合致しています。ルンバジで作られたマッチングです」とディレクターは話している。

グリーンベルト社とのパートナーシップのもと、イノセリアは16ヘクタールのハイテク温室を運営し、毎週50トンの野菜をマラウイ国内の大手小売店に供給している。

このプロジェクトは、ショップライト、フード・ラバーズ、サナなどの大手小売店での野菜の輸入代替を促進し、SADCの輸出市場に挑戦する計画もある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください