【マラウイニュース】コレラによる死者数が過去最高を記録

Cholera deaths hit record high

2022年1月24日 | THE NATION

マラウイでは23日、コレラによる死者数が30人となり、2002年に報告された968人を上回り、史上最多の990人に達した。

保健省のデータによると、累積患者数は29995人で、患者致死率は3.30%、治療センターには1069人の患者がいる。

同省の最新情報を一部によると「新たな死者は、リロングウェ9人、マンゴチ8人、バラカ5人、ブランタイヤ3人、サリマ2人、チラズル、マチンガ、デッザでそれぞれ1人となっています」とのことである。

保健省は、コレラの急速な広がりが、1998年以来統計的に最悪であった2002年の大流行よりも多くの患者や死者を記録する恐れがあると表明してから、やっと5日後の出来事である。

同省の主席秘書官は、2002年の大流行では累積患者数が33,000人だったと述べたと記録されている。
「今回の感染者数は約25,000人ですが、まだ多くの感染者が登録されており、前回の感染者数を上回るかもしれません」と述べている。

一方、同省は、予防策の一つである経口コレラワクチンの不足を認め、世界保健機関(WHO)とさらなるワクチン供給の可能性について協議している。

この事態について、カムズ健康科学大学公衆衛生緊急専門家は、あらゆるレベルでのリーダーシップの欠如がコレラの状況を悪化させていると述べている。
「これは、マラウイ社会のある領域だけでなく、あらゆる領域で起こっています。私たちは、コレラを予防・制御するための知識を常に持っています。実際、マラウイはコレラをよく防いだと賞賛されたことがあります。2022年3月頃に流行が始まったとき、なぜか私たちは、私たちがあまり手を出さなくても事態が収束すると信じていたのです。そううまくはいきません。」と話している。

専門家は、死者数が1,000人を超えようとしている現在でも、いつも通りのことが行われていることに懸念を表明している。
「あと何人の命が失われれば、私たちは本気になれるのだろうか。特に都市部では、人口に対して十分な量のきれいな飲み水がありません。特に都市部では、きれいな飲み水が足りません。私たちはそれを知っていますが、何とか脱出したいと思っています。」と伝えている。

もう一人の公衆衛生専門家の教授は、この状況を不幸なことだと述べ、この感染症に対処するための協力を呼びかけている。

彼女は、この発生を真剣に受け止めなかった議会や個人を非難している。
「行動を起こさず、口先ばかり。毎日事務所に通っているのに、なぜ仕事をしないのか不思議です。 制度は整っているのに、みんな気を緩めている。人々は何が起こっているのか知っていますが、その知識と行動が一致していません」と教授は話している。

彼女は、地方政府に対して、町や都市での衛生管理を強化し、農村部での意識を高め、すべての人がトイレを適切に使用できるようにするよう呼びかけている。

水と環境衛生ネットワーク(Wesnet)の事務局長は、政府に対し、コレラ公衆衛生緊急事態への国家的対応において、水の供給とアクセスを中心戦略として優先させるよう訴えている。

保健大臣は、国家がコレラの発生を食い止めるためには、コレラの予防と封じ込め対策を実践し、遵守することが重要であるとし、すべての個人にその役割を果たすよう呼びかけている。
「安全な水の使用、石鹸を使った頻繁な手洗い、食品衛生、そして嘔吐や下痢といったコレラの兆候や症状を経験した場合の早期の治療が、この流行を食い止める鍵になります」と彼女は述べている。

最大のコレラ発生は、2001年10月から2002年4月の間に記録され、28県のうち26県が影響を受け、33 546人の患者と968人の死者が出ている。

今回の流行は、2022年3月にマチンガで記録された症例に始まり、それ以来、柴火事のように広がっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください