【マラウイニュース】コミュニティにバイオガス発電所

Communities get biogas power plant

2022年11月2日 | THE NATION

エコジェン社とエコシステム・ベースド・アダプテーション・フォー・フード・セキュリティ・アセンブリ(Ebafosa)は、リロングウェ県のマゼンゲラ伝統的自治体のコミュニティにバイオガス発電所を寄贈した。

ムジンガ村でのイベント後の月曜日、Ebafosaのボランティア・コンサルタントは、村レベルで生態系ベースの適応を促進するために、コミュニティにバイオ技術の利用を促したいと述べている。

この技術は、クリーンな調理用エネルギーや肥料を生産することで、人々の収入に貢献することができると伝えている。
「私たちは持続可能な開発について話しているので、バイオガス・プラントを寄贈することは、人々がプラントから製品を販売することで収入を得られるようにするために賢明なことだと思いました。バイオガス・プラントは、バイオ肥料などのさまざまな製品を生産し、コミュニティが販売したり、畑で使用したりすることができ、それによってお金を節約することができます」とコンサルタントは述べている。

Ebafosa青年副会長は、環境保護への若者の関与の低さに失望を表明している。
「より良い国を作るために、もっと多くの若者が環境保護に参加する必要があります」と彼女は述べている。

ムジンガ村長は、バイオガスプラントが地域の若者や女性の雇用機会を創出すると述べている。
「エコジェン社には、環境を保護し、人々の雇用機会を創出するために、他の地域にも同様のプラントを設置するようお願いします」と話している。

Ebafosaは、2015年7月に国連環境計画によって設立された生態系ベースの適応のための国主導の政策行動フレームワークである。

エコジェン社は2021年1月に法人化されており、2018年にバイオガス技術が国内で普及しない理由を探るための自主研究としてスタートしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください