【マラウイニュース】ケーブルカーへの出資を待つマラウイ

Malawi waiting for investors on cable cars

2022年11月20日 | Malawi Voice

観光文化野生動物省の報道官は、国内の観光サービスを向上させる一つの方法として、ムランジェとゾンバの山々にケーブルカーを導入する計画を確定するため、投資家を待っていると述べている。

彼は、2つの山にケーブルカーを設置するための調査が完了したことを背景に、土曜日に発言している。

報道官は、ケーブルカーの導入は、国の経済と観光セクターを向上させる効果的なツールであると述べている。
「我々は、プレ・フィージビリティースタディーを行い、ムランジェは人気のある観光地であり、投資家がそれを受け入れることに何の心配もないことが良い点です。ケーブルカーは、雇用機会の創出、国の税収と課税の増加、市民と居住者の誇りの促進、ムランジェ、ゾンバ、マラウイの知名度向上、インフラ整備に貢献し、もちろん他のセクターにも利益をもたらすことを目的としています」と報道官は付け加えている。

観光局は、この投資を国内外の観光客に普及させるためのマーケティング戦略を提供する、と彼は話している。

経済専門家は、このプロジェクトが経済とサービスレベルの両分野で重要であると述べている。
「このプロジェクトはかなり前から提案されていたもので、もし国内でこのようなサービスが受けられるようになれば、人々がそのサービスにもっとお金を使う機会が生まれ、それが国に利益をもたらすことになる。もし、より多くのサービスがあれば、それらの山はより多くのお金をもたらし、国の国内総生産を増加させるでしょう」と彼は話している。

ケーブルカーは、大量輸送に使われるケーブル鉄道の一種で、一定の速度で連続的に走るケーブルに車両が固定されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください