マラウイ航空が5年間利益ゼロを打ち出してることが明かされても、みなさんのように私たちが驚くことはないが、同時に、K410億以上を航空機のサブリース、管理費、戦略的パートナーであるエチオピア航空(ET)などへ支払っていた。

エア・マラウイの精算は、かつてアフリカの最も親密な航空会社だったことに根付いた、大規模な詐欺と汚職を全て補うものだったことを私たちは知っているので、驚きはしない。

政府がすぐにやらなければならないことは3つある。
一つは、ETに文句を言ってお別れをする。二つ目に、マラウイに毎日直行便を飛ばすのに他国と協力をする。三つ目に、金持ちのマラウイ人とマラウイ企業と協力して、航空会社を開始して国家に貢献して利益を上げるために、彼らによい利権を与えることである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください